MENU

6614 東証JASDAQ(電気機器)

シキノハイテック

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.03.26)

PDFを開く

Shikino High-Tech(6614 TSE JASDAQ)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Strong in technologies related to semiconductors and image processing

Conducting Manufacturing and Sales of Semiconductor Testing Equipment and Image-Related Devices as well as Circuit Design of Semiconductors
Shikino High-Tech conducts the electronic system business, in which it manufactures and sells semiconductor testing equipment, the microelectronics business, in which it designs semiconductor circuits, and the product development business, in which it manufactures and sells image-related devices, etc.

In the fiscal year ended March 2020, the electronic system business, microelectronics business and product development business accounted for 39.2%, 40.7% and 20.1% of net sales, respectively. As for segment profit margin, the microelectronics business is highly profitable with 13.4% and the electronic system business is at a low level of 2.6% with the heavy burden of depreciation. Meanwhile, the product development business, which is in an up-front investment stage, continues to record losses.

Relatively High Dependency on Specific Customers
Customers of Shikino High-Tech includes Renesas Electronics (6723 TSE First Section) and MEIJI ELECTRIC INDUSTRIES (3388 TSE First Section) in addition to Denso (6902 TSE First Section), which conducts business with the company in all of the electronic system, microelectronics and product development businesses, and Sony LSI Design, which has business transactions with the microelectronics business. Above all, the company is highly dependent on Denso and Sony LSI Design, both continuously having business transactions with the company and each accounting for over 10% of the net sales.

概要(レポートから抜粋)

シキノハイテック(以下、同社)は、半導体検査装置等を製造販売する電子システム事業、半導体の回路設計等を行うマイクロエレクトロニクス事業、画像関連機器等を製造販売する製品開発事業を展開している。

同社は富山県魚津市に本社を置いており、電子システム事業と製品開発事業の生産拠点は本社魚津工場である。また、本社魚津工場、大阪デザインセンター、東京デザインセンター、九州事業所、福岡デザインセンターにおいては開発設計業務を行っている。

20/3期において、売上高構成比は、電子システム事業39.2%、マイクロエレクトロニクス事業40.7%、製品開発事業20.1%である。セグメント利益率を見ると、マイクロエレクトロニクス事業が13.4%と高採算であるが、減価償却費の負担が重い電子システム事業は2.6%と低水準である。また、先行投資段階にある製品開発事業はセグメント損失が続いている。

20年12月末時点の従業員数は340名であるが、セグメント別では、電子システム事業70名、マイクロエレクトロニクス事業129名、製品開発事業43名、全社(共通)98名である。

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store