MENU

4372 東証マザーズ(情報・通信)

ユミルリンク

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.09.24)

PDFを開く

YMIRLINK(4372 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Provider of messaging solution Cuenote to corporate customers

Providing Messaging Solution to Corporate Customers
YMIRLINK provides Cuenote, a software series supporting marketing activities and communication promotion of corporate customers. Cuenote is a system that distributes emails, short messages, etc., but is primarily provided in SaaS format and is developed as a stock type business, under which stable revenue can be gained. Almost all of the company’s net sales is generated from the Cuenote series.

Service Lineup of Cuenote
Cuenote is mainly comprised of five services.

The core service is Cuenote FC, an email distribution system which the company’s corporate customers use to conduct marketing and promotion, and this accounted for 68% of the net sales in the first half of the fiscal year ending December 2021. It also incorporates a function that measures the email marketing effect.

Cuenote SR-S, which accounted for 18% of the net sales in the first half of the fiscal year ending 2021, is a service made from a portion of the email distribution function of Cuenote FC.

Cuenote SMS is a distribution service used for communication through SMS, not email. It enables transmitting messages to mobile phone numbers for which the owner individual has been identified. Its use is expanding for the purpose of important notices and personal authentications. It accounted for 10% of the net sales in the first half of the fiscal year ending December 2021 and the composition is on an increasing trend.

Other services are the Cuenote Survey, a system that enables relatively easy creation of online survey forms, etc., and an employee safety confirmation service.

概要(レポートから抜粋)

ユミルリンク(以下、同社)は、法人顧客のマーケティング活動やコミュニケーション促進を支援するソフトウェアシリーズ「Cuenote(キューノート)」を提供している。

同社は、独立系のシステム受託開発の企業として創業したが、親会社がサイバーエージェント(4751東証一部)、サイボウズ(4776東証一部)と変わっていく過程で、メッセージングソリューションを提供するサービスモデルに進化していった。

09年にサービスブランドを「Cuenote」に統一し、11年にアイテック阪急阪神(大阪府大阪市)が親会社となり、現在に至っている。

「Cuenote」は、メールや携帯電話のショートメッセージ等を円滑に、かつ正確に配信するシステムを提供しているが、SaaS形式とソフトウェア形式という2つの提供形態が用意されている。

21/12期第2四半期累計期間(以下、上期)におけるSaaS形式による提供は全売上高の96.7%と大半を占めており、安定的な収益を獲得できるリカーリングビジネスとして展開している。

同社の事業はメッセージングソリューション事業の単一セグメントで、サービス別に見ても「Cuenote」シリーズからのものがほぼすべてである。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store