MENU

4372 東証マザーズ(情報・通信)

ユミルリンク

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

法人顧客向けにメッセージングソリューション「Cuenote」を提供

ユミルリンク(以下、同社)は、法人顧客のマーケティング活動やコミュニケーション促進を支援するソフトウェアシリーズ「Cuenote(キューノート)」を提供している。

同社は、独立系のシステム受託開発の企業として創業したが、親会社がサイバーエージェント(4751東証一部)、サイボウズ(4776東証一部)と変わっていく過程で、メッセージングソリューションを提供するサービスモデルに進化していった。

09年にサービスブランドを「Cuenote」に統一し、11年にアイテック阪急阪神(大阪府大阪市)が親会社となり、現在に至っている。

「Cuenote」は、メールや携帯電話のショートメッセージ等を円滑に、かつ正確に配信するシステムを提供しているが、SaaS形式とソフトウェア形式という2つの提供形態が用意されている。

21/12期第2四半期累計期間(以下、上期)におけるSaaS形式による提供は全売上高の96.7%と大半を占めており、安定的な収益を獲得できるリカーリングビジネスとして展開している。

同社の事業はメッセージングソリューション事業の単一セグメントで、サービス別に見ても「Cuenote」シリーズからのものがほぼすべてである。

(2021年9月24日時点)

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store