MENU

4492 東証JASDAQ(情報・通信)

ゼネテック

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

自動車等の組込みシステムの設計開発やCAD/CAMソフトの販売を手掛ける

ゼネテック(以下、同社)は、自動車等の組込みシステムの設計・開発とCAD/CAM等のソフトウェアの販売等を中心に展開する独立系情報サービス企業である。

同社は、事業セグメントを「システム受託開発事業」、「エンジニアリングソリューション事業」、「その他事業」の3つに区分している。

19/3期におけるセグメント別の売上高構成比(セグメント間取引消去後)は、システム受託開発事業が72.3%、エンジニアリングソリューション事業が27.0%、その他事業が0.7%となっている。

システム受託開発事業は、同社の中核サービスであり、創業以来、移動体通信機分野(ポケットベル、携帯電話、PHS等)の各種情報端末、自動車関連(カーナビ、カーオーディオ、インフォテインメント注1等)の組込みシステムの設計・開発を手掛けている。

現在では、上記に加え、デジタル情報家電、半導体製造装置、業務用プリンター等の組込みシステムに係るソフトウェア開発やハードウェア開発において、仕様分析・検討・基本設計から製造に至るまで、システムの一括受託開発を行っている。

組込みシステムの開発においては、ソフトウェアの専業開発とは異なり、ハードウェア制御の知識が必須である。

また、製品の性格上、ソフトウェア開発に比べて非常に厳しい品質確保が要求されるため、この領域は、同社の強みであるソフトウェアとハードウェアの一体型開発力及び通信・ネットワーク分野の開発技術力を活かせる分野となっている。

システム受託開発事業を対象別に分けると、組込みソフトウェアが過半を占めているが、半導体製造装置等のハードウェアがその次に続き、WEB/サーバ系システムは僅かにとどまっている模様である。

(2020年3月24日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store