MENU

4013 東証マザーズ(情報・通信)

日通システム

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2020.10.16)

PDFを開く

Nittsusystem(4013 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Plan, develop and sell work management system for mid-sized companies

Mainly Planning, Development and Sales of Work Management System
Nittsusystem Group consists of two companies: Nittsusystem and its Vietnamese subsidiary. Business segments are comprised of the Human Resources Management (HRM) business and other businesses. As for the composition of sales in fiscal year ended December 2019, the HRM business accounted for 99.0% and other businesses accounted for 1.0%. Other businesses are mainly the rental conference room business aiming to utilize idle spaces.

In the HRM business, it mainly develops a work management system and provides it via cloud or onpremises to companies and organizations in various businesses. The HRM business is subdivided into the cloud business and on-premises business, and their composition ratio to the entire net sales in the fiscal year ended December 2019 was 46.4% for the cloud business and 52.5% for the onpremises business.

Corporate Plan for Fiscal Year ending December 2020
For the fiscal year ending December 2020, it expects net sales of 3,747 million yen (17.5% increase year-on-year) and operating profit of 632 million yen (37.6% increase year-on-year).

It expects net sales to increase 17.5% year-on-year with the acquisition of new customers in the cloud business and increase in continuous income from existing customers in the cloud and on-premises businesses. Cost of sales is estimated to increase by 10.4% year-on-year to 1,244 million yen with the increase of personnel expenses, depreciation and operating expenses of servers for cloud services and other costs. Selling, general and administrative expenses are expected to increase by 16.8% year-on-year to 1,870 million yen with the increase in number of personnel due to business expansion, office expansion, etc. As a result, it expects operating profit to increase 37.6% year-onyear.

概要(レポートから抜粋)

中堅企業向けの就業管理システムの企画・開発・販売事業を展開

◆ 主に就業管理システムの企画・開発・販売を行う
日通システム(以下、同社)グループは、同社とベトナム子会社の2社で構成されている。事業セグメントは、「Human Resources Management事業(HRM事業)」及び「その他」で構成される。19/12期の売上構成比は、HRM事業が99.0%、その他が1.0%である。その他は遊休スペース活用を目的とした貸会議室事業が主である。

「HRM事業」では主に就業管理システムを開発し、多様な業種の企業や団体にクラウド及びオンプレミスで提供している。HRM事業は「クラウド事業」及び「オンプレスミス事業」に分類され、19/12期の全売上高に対する構成比は、クラウド事業46.4%、オンプレミス事業52.5%である。

◆ 20年12月期会社計画
20/12期業績について、同社は売上高3,747百万円(前期比17.5%増)、営業利益632百万円(同37.6%増)を計画している。

売上高は、クラウド事業の新規顧客の獲得及び、クラウド事業及びオンプレミス事業における既存顧客からの継続的収入の増加により前期比17.5%増を計画している。売上原価は、主に人件費やクラウドサービス用のサーバーの償却費及び運営費用などの増加によって、同10.4%増の1,244百万円を見込む。販管費は、事業拡大に伴う増員や事業所の拡張などによって、同16.8%増の1,870百万円を計画している。以上の結果、営業利益は同37.6%増としている。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store