証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > フィル・カンパニー

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

フィル・カンパニー

3267

アナリストレポート

基本情報

特色 駐車場の上部空間を店舗として利用する空中店舗フィル・パーク事業を手掛ける 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

フィル・カンパニー(以下、同社)は、コインパーキングを中心とする駐車場の上部空間を活用した空中店舗フィル・パーク事業を手掛けている。

空中店舗とは、従来は利用されていなかったコインパーキングの上部に建物を構築し、そのなかに飲食店やオフィス、フィットネスクラブなどを展開するもので、「駐車場+空中店舗(建物)」という新たな常識と価値を創造することで、独自のビジネスモデルを築いている。

空中店舗フィル・パーク事業は06年の第1号「フィル・パーク八重洲」の竣工から順調に拡大しており、15年に第50号「フィル・パーク八王子中町」、17年11月に第100号「フィル・パーク南青山」が竣工した。18/11期末時点の累計プロジェクト件数は171件となっている(受注したが、竣工していないプロジェクトを含む)。

同社の子会社は、主にフィル・パークの設計・施工業務を担うフィル・コンストラクションと19年1月に子会社化したバリュープランニングである。

バリュープランニングは、1階をガレージ空間、2階を居住空間とする賃貸物件「プレミアムガレージハウス」を企画・運営している。

事業セグメントは空中店舗フィル・パーク事業の単一セグメントである。売上高は17/11期までは企画開発業務、賃貸管理業務に分類されていたが、18/11期からは請負受注スキーム、開発販売スキーム、その他(主に賃貸管理業務)に分類されている。

(2019年2月8日時点)

沿革(レポートより抜粋)

前代表取締役社長(現取締役)である高橋伸彰氏を中心とした数人で05年に事業を開始した。

駐車場上部の未利用空間が「もったいない」という発想から事業に着手しており、設立の翌年に第1号「フィル・パーク八重洲」が竣工した。高橋氏は同社設立の前には、オリックス(8591東証一部)、アクタスマネジメントサービス(非公開)に勤務していた。

07年に宅地建物取引業者免許を取得、08年に一般建設業免許を取得、09年に一級建築士事務所登録をした。フィル・パークは当初は都内中心に展開していたが、愛知県、神奈川県、大阪府と展開地域を拡大していった。

同社は13/11期までを「標準事業モデル確立フェーズ」、その後を「展開フェーズ」、16/11期からを「拡大フェーズ」と位置付けており、事業展開を加速するため16年11月に東京証券取引所マザーズ市場へ株式を上場した。

15年10月に高橋氏から能美裕一氏に代表取締役社長が代わった。能美氏は、ジャック(現カーチスホールディングス、7602東証二部)、リラク(現メディロム、非公開)などを経て、09年に同社取締役に就任、15年に代表取締役副社長に就任した。

高橋氏は代表取締役となった後、意思決定の迅速化を図るために代表権を一本化し、17年2月に代表権のない取締役に就任している(18年2月21日付で退任予定)。

(2018年2月9日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。