MENU

7318 東証マザーズ(輸送用機器)

セレンディップ・ホールディングス

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.06.29)

PDFを開く

SERENDIP HOLDINGS(7318 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Supports business succession of small- to medium-sized manufacturing companies through business investment

Business Investment Company Specialized in Small- to Medium-Sized Manufacturing Companies
SERENDIP HOLDINGS’ business model is to smoothly promote business succession and aim to enhance the long-term corporate value of companies with issues such as a lack of successor by dispatching executives, supporting corporate management, etc. after acquiring their shares and making them its group companies. The company targets its investment in small- to medium-sized manufacturing companies that lack a successor.

The company’s business is comprised of the professional solution business (4.9% of sales composition in the fiscal year ended March 2021, same hereafter), which provides solutions for corporate management support, the investment business (6.2%) and the manufacturing business (88.9%), in which the three manufacturers acquired through M&As conduct business. Since the manufacturing business is generating most of the net sales and profit of the group, the TSE sector classification of the company is “transportation equipment.”

Professional Solution Business
In the professional solution business, the company provides solutions for corporate management and technical issues by dispatching professional executives and engineers to manufacturing companies.

Investment Business
This business is handled by SERENDIP FINANCIAL SERVICES established in March 2020. The company conducts joint investments and minority investments in cooperation with financial institutions as well as provides financial advisory services. The fees corresponding to the financial advisory services and capital gain from sales of investees are the source of its revenue.

Manufacturing Business
This business is conducted by the three companies it acquired through M&As; an FA equipment manufacturer, an automobile precision component manufacturer and an automobile interior/exterior parts manufacturer.

概要(レポートから抜粋)

セレンディップ・ホールディングス(以下、同社)は、「経営の近代化」と「地方創生」を推進するために、モノづくり企業を対象として事業投資を行う会社である。

同社は、06年にコンサルティング会社として創業するとともに、ベンチャーキャピタルを設立してベンチャー企業の育成に従事してきた。13年にパン製造会社を買収した経験を通じ、事業承継型M&Aを事業の主軸とするようになった。

同社が確立したビジネスモデルは、後継者不在等の課題を抱える企業の株式を譲受してグループ企業とし、経営者派遣や経営支援等を行うことで、事業承継を円滑に推進するとともに、長期的な企業価値の向上を目指すというものである。

同社の事業は、経営支援のためのソリューションを提供するプロフェッショナル・ソリューション事業、金融機関等との共同投資やファイナンシャルアドバイザリー業務を行うインベストメント事業、M&Aで傘下に収めたモノづくり企業が行っているモノづくり事業の3つの報告セグメントに分類されている。

自動車部品製造やFA装置製造を行う3社がモノづくり事業に区分されているため、グループの売上高と利益の大半をモノづくり事業が生み出す状況になっている。そのため、同社の業種区分も「輸送用機器」となっている。

この企業の関連キーワード

セレンディップ・ホールディングス

企業情報・その他のレポートはこちら

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store