MENU

6574 東証マザーズ(サービス業)

コンヴァノ

アップデートレポート

(公開日 2020.08.28)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

◆ 事業内容
・コンヴァノ(以下、同社)は、ネイルサロン「ファストネイル」、「ファストネイル・プラス」、「ファストネイル・ロコ」を、関東、関西、東海エリアにチェーン展開している。20 年 3 月末の店舗数は 3 業態合計で 55 店である。
・連結子会社 femedia(フィーメディア)はネイルサロン内のモニターで商品広告や占いなどのコンテンツを放映するメディア事業を行っている。

◆ 20 年 3 月期決算の概要
・20/3 期の売上収益は前期比 7.4%増の 2,414 百万円、営業利益は同15.6%増の 173 百万円であった。19/3 期に出店した 6 店及び 20/3 期に出店した 4 店の寄与と 2 店のリニューアル効果で増収を維持し、人件費の増加をその他のコスト効率化で吸収して増収率を上回る営業利益の伸びとなった。同社が期初に公表した会社計画に対しては、売上高はクリアしたが営業利益は下回った。これは、想定を上回るネイリストの増員を実施したことが要因である。

◆ 21 年 3 月期の業績予想は未定
・同社は、21/3 期の会社計画について、合理的な見積もりが困難であることから未定としている。第 1 四半期決算は、売上収益が前年同期比 71.4%減の 166 百万円、営業損失が 215 百万円と、新型コロナウイルス感染症拡大による店舗休業の影響により売上収益が大幅に減少し、固定費を吸収できずに営業損失を計上している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、第 1 四半期決算を踏まえて業績予想を減額修正し、21/3 期は小幅な営業損失を予想している。

◆ 事業戦略と中期業績見通し
・同社は、立地を厳選した新規出店、既存店舗の収益力強化などに注力し、持続的な事業規模拡大を目指す考えである。当面の新規出店は、集客力のある商業施設内が中心となる。
・当センターでは、立地を厳選した新規出店が同社の業績拡大につながると考えており、22/3 期に黒字転換すると予想する。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store