MENU

6229 東証二部(機械)

オーケーエム

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2020.12.18)

PDFを開く

OKUMURA ENGINEERRING(6229 TSE 2nd Section)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Develops, manufactures and sells tailor-made valves that meet customers’ needs

Valve Manufacturer Strong in Tailor-Made Products
Okumura Engineering manufactures and sells fluid control equipment. Its main products are butterfly valves, knife gate valves and pinch valves. Its butterfly valves are used in a wide range of fields including construction, power generation, shipbuilding and at plants, and account for 83% of its net sales for the fiscal year ended March 2020.

The company mainly handles tailor-made valves that meet customers’ needs that standard products cannot meet. It manufactures various products, with over 100 thousand varieties produced through the combination of model, size, part, material and control method specs. As it handles many tailor-made products, much of the production is based on orders.

Almost Half of the Products are for Land Use and the Other Half for Marine Use
The company’s customers are in various fields, and its net sales are classified into the land use market segment and marine use market segment. The land use products are shipped to industries including building equipment, electricity and gas, chemical, steel, pulp and paper, and water treatment; and the marine use products are shipped to be used for shipbuilding and ship exhaust gas treatment.

Valves for the selective catalytic reduction system, valves for the SOx scrubber system on ships, valves for ballast water management system and other valves for environment protection devices are expected to show strong growth with the tightening of environmental restrictions surrounding the marine industry.

概要(レポートから抜粋)

オーケーエム(以下、同社)は、流体制御機器の製造、販売を行っている。主な製品はバタフライバルブ、ナイフゲートバルブ、ピンチバルブである。主力製品であるバタフライバルブは建築、発電、造船、プラントなど幅広く使用されており、20/3期の同社の売上高の83%を占めている。

日本工業規格では、「バルブ」という用語は「流体を通したり、止めたり、制御したりするため、流路を開閉することができる可動機構をもつ機器の総称」と定義されている。流体とは一般的には液体や気体を指すが、液体と気体が混じったもの、生コンのようなセメントや砂利などの骨材や水の混合物、粉体なども含まれる。

同社は、1962年に株式会社奥村製作所として活動を開始した当時は製紙業界などに向けてのナイフゲートバルブを主力としていた。1967年にピンチバルブの製造を、1977年に現在の同社の主力製品であるバタフライバルブの製造を開始した。

同社は標準製品では対応できない、顧客ニーズに合わせたカスタマイズバルブを中心に取り扱っている。型式やサイズ、部品、材質、制御方法のスペックの組み合わせにより様々な製品が製造されているが、その数は10万種類を超える。

カスタマイズ製品が多いということから、受注生産が多く、需要先は造船業界、建設業界、電力業界をはじめ、プラント業界や食品業界など多岐に亘っている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store