MENU

6225 名証メイン(機械)

エコム

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2023.04.04)

PDFを開く

Ecology and Combustion(6225 NSE Main)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Provider of integrated services ranging from development and design to manufacturing of industrial furnaces and post-operational maintenance

Engaged in Integrated Services Ranging from Industrial Furnace Development to Maintenance
Ecology and Combustion is involved in the entire process of industrial furnace development, design and manufacturing, as well as maintenance services including inspection, monitoring and modification.

The company's businesses consist of the industrial system business, which develops, designs and manufactures industrial furnaces, and the maintenance services business for industrial furnaces. The industrial system business accounted for about 60% of net sales in fiscal year ended July 2022 and maintenance services for about 40%.

Industrial System Business
Heat treatment is applied to many parts to augment strength and other properties in various products including automobiles and mobile devices. The industrial systems business comprises the design and manufacture of custom, large-scale industrial furnaces for heat treatment. Moreover, the company sells energy-saving environmental devices for industrial furnaces. In the three fiscal years through fiscal year ended July 2022, the ratio of sales to the automotive industry is high and accounts for 78.1% of net sales.

What sets Ecology and Combustion apart in the industry is its heat trials (product heat tests). The heat trial is a process in which client companies bring in engine blocks, wheels and other items to be heated and work with Ecology and Combustion employees to find the optimal solution for the degree of heat and the duration of application required.

Maintenance Services Business
The maintenance service business has been a part of the company’s business since the company was founded. As of the end of 2022, the company was under contract to maintain a total of 1,252 industrial furnaces for 539 companies.

The company's basic policy is to give employees experience in maintenance for a certain period of time after joining the company. Moreover, all employees, except those in the administrative department, are cross-trained workers, capable of handling maintenance.

概要(レポートから抜粋)

エコム(以下、同社)は、工業炉の開発、設計、製造から点検、監視、改造などの保守サービスまでの全プロセスを一貫して行っている。工業炉は材料を目的の温度で溶解、加熱、熱処理するための装置で、分野や製品、工程によって様々な種類があり、オーダーメイドのものが多い。

同社は100℃~600℃程度の温度帯で、高速熱風による時短や排熱回収による省エネなどを付加価値とする装置を得意としている。同社のエコムという社名はEcology(環境)& Combustion(燃焼)をもとにした造語である。

同社の事業セグメントは工業炉の開発・設計・製造を行う産業システム事業と工業炉の保守サービス事業で構成されている。

自動車やスマートフォンなどのモバイル機器など日常使用されている様々な製品には熱処理が施され強度などが増している部品が多く使用されている。同社の産業システム事業は熱処理を行う大型工業炉を顧客の仕様に合わせて設計・製造する事業である。同社の設計、製造している工業炉には、金属を溶解する「溶解炉」、塗装を乾燥する「乾燥炉」、樹脂を硬化する「硬化炉」など様々な種類がある。また、ガス、電気、マイクロ波などの多様な熱源を取り扱っている。

保守サービス事業は、同社の設立時からのビジネスである。顧客企業が保有する工業炉を支障なく稼働できるように年に1~2回の定期点検に加え不定期での点検も行い、設備保全を行っている。22年末時点で539社、1,252設備の工業炉のメンテナンスを請け負っている。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store