MENU

5247 東証グロース(情報・通信)

BTM

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2022.12.30)

PDFを開く

BTM(5247 TSE Growth)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Utilizes local human resources based on a proprietary database

Promotes DX of Client Companies by Utilizing Local Human Resources
BTM is developing bases in regional areas to provide IT engineering and DX solutions based on its belief that utilizing IT to provide attractive jobs to regional areas will lead to regional revitalization.

IT Engineering Services
When there is a shortage of engineers in system development of client companies, BTM procures and provides optimal human resources from across Japan. The human resources that can be provided are in-house engineers, engineers mainly belonging to other companies in the same industry and freelancers, but engineers from external partner companies account for over 90%. The company receives monthly prices per person from client companies as sales, and pays compensation to procured engineers in the form of outsourcing costs.

Approximately 5,200 contacts have been accumulated in the company’s database. Contacts are persons with whom matching information and others are exchanged daily; they are not engineers themselves, but mainly the salespersons belonging to external partner companies.

It is common for IT engineering service companies to introduce a project to other companies and receive referral fees when they cannot receive the order for the project themselves. For this reason, the company, which has a wide network with external partner companies, obtains large amounts of project information on a daily basis.

There are various matching methods, but one with a high matching probability is a method of carefully selecting projects with a high probability of closing from project information obtained by the company, distributing them all at once to contact accounts, and selecting an optimal engineer from among their proposals.

DX Solution Services
In DX solution services, the company takes the lead to thoroughly provide DX support, starting with consulting. Since in-house engineers are utilized, gross profit margins tend to be higher than IT engineering services. These services are provided through a nationwide development system with engineers employed at 11 locations scattered around the country.

概要(レポートから抜粋)

BTM(以下、同社)は、11年8月に現代表取締役会長である吉田悟氏によって設立された(当時の社名はビジネストータルマネージメント、17年9月に現社名に変更)。

吉田氏と12年1月に入社した現代表取締役社長の田口雅教氏はともに地方出身者であり(吉田氏は北海道、田口氏は岡山県)、首都圏と地方との機会格差をなくしたいとの想いが、現在の事業の出発点となっている。

同社はITを活用することにより、地方にも魅力的な仕事を提供し、人材の流失を防げれば地方の活性化につなげられると考え、地方に拠点を展開してDX推進事業を開始した。

同社はDXに関係する人的資源の提供を行う「ITエンジニアリングサービス」とDX推進に向けたコンサルティングや開発成果そのものの提供を行う「DXソリューションサービス」を展開している。

ITエンジニアリングサービスは、顧客企業のDX推進、システム開発などにおいて、エンジニアが不足しているときに最適な人材を全国から調達し提供している。

同社の提供可能な人材は自社エンジニア、同規模以下の同業他社が中心の外部協力企業に所属するエンジニア、フリーランスになる。自社エンジニアを大きく上回る案件数があることから、外部協力企業のエンジニアが9割以上を占める。顧客企業から人月単価を受け取り売上とし、外注費というかたちで、調達したエンジニアへの対価を支払っている。

DXソリューションサービスは、同社が中心となり、コンサルティングから一気通貫でDX支援を行うのがDXソリューションサービスである。

3名~5名程度のチームで対応し受託開発に近い形態だが、開発内容が確定していない場合や開発の途中で仕様変更が必要となるケースに対応するため、準委任契約の形態をとる場合が多い。自社エンジニアを活用することから、ITエンジニアリングサービスよりは売上総利益率が高くなる傾向がある。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store