MENU

4493 東証マザーズ(情報・通信)

サイバーセキュリティクラウド

ベーシックレポート

(公開日 2021.06.18)

PDFを開く

Cyber Security Cloud(4493 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Web security company protecting external public servers from attacks on the web application layer

1. Corporate Overview
Cyber Security Cloud is an independent web security company providing services centering on the cloud-based web application firewall (WAF) “Shadankun,” which protects external public servers from cyber-attacks on the web application layer. The company also provides “WafCharm,” which is a service that automatically operates WAF rules provided by public clouds, and Managed Rules, which is the Amazon Web Services (AWS) WAF operation rule set.

In December 2020, the company expanded its business fields by acquiring 100% ownership of SofTek Systems, a company engaged in the vulnerability management solution business “SIDfm.”

2. Financial Analysis
With the expansion of the number of users, it has been posting a large increase in net sales in recent years, but it posted ordinary losses through the fiscal year ended December 2018. In the fiscal year ended December 2019, this not only turned to an ordinary profit but the company also secured a high operating profit margin of 17.6%.

3. Non-Financial Analysis
The company’s source of intellectual capital is the enormous amount of data it owns and its ability to meet customer needs.

4. Corporate Strategy Analysis
The company aspires growth in both domestic and overseas markets through WAF educational activities and raising its product awareness, enhancement of sales agencies, cross selling with SofTek Systems, enhancement of overseas development, applications to new fields, etc.

5. Analyst Evaluation
Taking into consideration the progress made through the first quarter, the Stock Research Center forecasts a 50% increase in revenue and 44% increase in operating profit for the fiscal year ending December 2021, which slightly surpass the company’s plans. The Stock Research Center expects a large increase in the number of users while it assumes that the rate of increase in selling, general and administrative expenses will be lower than the revenue growth rate, leading to forecasts of a 17% year-on-year increase in revenue and 25% year-on-year increase in operating profit for the fiscal year ending December 2022 and a 14% year-on-year increase in revenue and 25% year-on-year increase in operating profit for the fiscal year ending December 2023.

概要(レポートから抜粋)

1.会社概要
・サイバーセキュリティクラウド(以下、同社)は、Webアプリケーション層へのサイバー攻撃から外部公開サーバを守るクラウド型WAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」を中心にサービスを提供する独立系Webセキュリティ会社である。パブリッククラウドが提供するWAFのルール自動運用サービスである「WafCharm」や、AWS(Amazon Web Services)WAFの運用ルールセットであるManaged Rulesも提供している。
・20年12月に、脆弱性管理ソリューション事業「SIDfm」等を展開するソフテックを子会社化し、事業領域を拡大した。

2.財務面の分析
・ユーザー数の拡大等により、売上高は近年高い伸びが続いていたが、18/12期までは経常損失であった。19/12期には、経常黒字に転換しただけでなく、17.6%という高い水準の営業利益率を確保した。
・成長性と収益性の観点で類似企業に比べ魅力的である。

3.非財務面の分析
・知的資本の源泉は、膨大な保有データと顧客ニーズへの対応力にある。

4.経営戦略の分析
・同社は、WAFの啓蒙活動やプロダクトの認知度向上、販売代理店の拡充、ソフテックとのクロスセル、海外展開の強化、新分野への応用展開等により、国内市場と海外市場の双方での成長を志向している。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、21/12期の業績について、第1四半期までの進捗状況を考慮し、会社計画をやや上回る50%増収、44%営業増益と予想した。
・当センターでは、ユーザー数の拡大を見込む一方、販売費及び一般管理費の伸びが増収率を下回ると想定し、22/12期は前期比17%増収、25%営業増益、23/12期は同14%増収、25%営業増益を予想している。

この企業の関連キーワード

サイバーセキュリティクラウド

企業情報・その他のレポートはこちら

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store