証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > 幸和製作所

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

幸和製作所

7807

アナリストレポート

アップデートレポート


フルレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 シルバーカーや歩行車等の歩行補助の福祉用具で高いシェアを持つメーカー 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

幸和製作所(以下、同社)は、シルバーカー、歩行車、杖といった高齢者の歩行補助を目的とした福祉用具の製造・販売を行っている。

シルバーカーは、自立歩行が可能な高齢者向けの歩行補助車で、同社創業当初からの主力製品である。介護保険の適用はない。

歩行車は、シルバーカーとは異なり介護保険が適用され、自立歩行が困難な要支援及び要介護認定者の歩行を補助する器具である。同社は、歩行車の分野に07年に参入し、10年には軽量・コンパクト仕様で持ち運びが容易な「テイコブリトル」の発売に至り、以降シリーズ化した。なお、同社が販売する福祉用具は、歩行車の分野に参入したのと同じタイミングで開始した自社ブランド「TacaoF(テイコブ)」に統一されている。

17/2期において、シルバーカーと歩行車で、同社の売上高の約57%を占める。以前はシルバーカーの売上構成比の方が高かったが、16/2期からは歩行車の売上構成比の方が上回るようになった。一方、他社のブランドで販売されるOEM製品の提供も行っており、同社の売上高の約17%を占めている。

(2017年12月1日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。