証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス

6575

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 上級専門職やミドルマネジメント層に特化の人材紹介やメンタルヘルス事業を展開 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(以下、同社)は、AIMS(エームス)インターナショナルジャパン(以下、エームス)、A・ヒューマン、Optia Partners、ヒューマン・フロンティアを傘下にもつ持株会社である。

人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を手掛けていることにより、企業の人材に対するソリューションをワンストップで提供している。

エームス、A・ヒューマン、Optia Partnersが人材紹介事業を行い、ヒューマン・フロンティアがメンタルヘルスケア事業を行っている。人材紹介事業が売上高の52.8%を占めるが、セグメント利益(全社費用控除前)では、メンタルヘルスケア事業が61.1%を占めている。

エームスは、経営層、シニアマネジメント層、上級専門職の人材紹介に特化している。エームスは、世界50カ国以上に90カ所以上の拠点を構え、350人以上のコンサルタントを擁しているAIMS Internationalと業務提携している。

コンサルタント数は17/3期末8名である。A・ヒューマンは、30歳代~40歳代を中心としたミドルマネジメント層に注力している。コンサルタント数は17/3期末29名である。Optia Partnersは、外資企業の人材ニーズや海外進出企業に求められる国際人材に注力している。コンサルタント数は17/3期末18名である。

ヒューマン・フロンティアは、メンタルヘルス対策を一次予防(不調者発生予防)、二次予防(早期発見、早期対応)、三次予防(復職後の再発防止)と定義している。

一次予防としては、従業員のストレスへの対処、管理職向けのチームメンバーのケア等に関するメンタルヘルスケア研修等を行っている。二次予防としては、従業員の不調の早期発見、早期対応のため、カウンセラーを派遣し面談を行っている。三次予防としては、復職後の再発を防止するため、カウンセラーが休職中、及び復職後にカウンセリングを行っている。

(2018年4月13日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。