証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > グッドライフカンパニー

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

グッドライフカンパニー

2970

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 投資家に対する新築賃貸マンションの販売が事業の主体 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

グッドライフカンパニー(以下、同社)は、いい住まいの提供を通じ、人々の暮らしを良くすることが同社の存在意義と考え、「いい住まいは、いい暮らしをつくる。いい暮らしはいい人をつくる。」を事業スローガンとしている。

不動産投資家(以下、オーナー)に対し、主に投資用新築一棟賃貸マンションの用地仕入、企画、設計、施工(監理)、賃貸仲介、賃貸管理、売却までのワンストップサービスを提供している。17/12期のセグメント別売上高構成比はアセットマネジメント事業が84.5%、プロパティマネジメント事業が15.5%となっている。

同社のアセットマネジメント事業は、賃貸マンションの取得までをサポートする資産形成コンサルティングサービスと、賃貸マンションの取得後の不動産売却をサポートする売買コンサルティングサービスがある。

資産形成コンサルティングサービスは、主に福岡市内及び熊本市内を中心に用地を購入、企画、設計を行い主に新築賃貸マンションとして販売している。

同社の販売する新築賃貸マンションは、ハイクラス(RCマンション)、ミドルクラス(中規模RCマンション)、アパートタイプ(木造アパート)の3つがラインアップされている。

ハイクラスが同社の主力商品となっており、一棟当たりの総事業費が2億円~10億円、戸数が16戸~60戸となっている。ミドルクラスは、一棟当たりの総事業費が1億円~2億円、戸数が12戸~16戸となっている。アパートタイプは17/12期からスタートしており、一棟当たりの総事業費が1億円以下、戸数が8戸~10戸となっている。

同社は、主力のハイクラスからラインアップを拡大することにより、用地仕入れの効率化、提案機会の拡大、営業員のステップアップの機会を実現している。

同社の新築賃貸マンションの販売累計は18年11月22日時点で82棟となっており、内訳はハイクラスが77棟、ミドルクラスが2棟、アパートタイプが3棟となっている。また、プロジェクトのエリアは熊本市圏内が60%、福岡市圏内が40%となっている。

(2018年12月21日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。