MENU

2978 東証マザーズ(不動産業)

ツクルバ

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

リノベーション住宅の流通プラットフォームcowcamo(カウカモ)が中心

ツクルバ(以下、同社)は、「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる。」という企業理念のもとに、村上浩輝氏と中村真広氏によって設立された。

同社の社名は、「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いからつけられており、デザインとビジネス、テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる「場の発明」に挑んでいる。

事業のアプローチは、主に生活領域の社会変化の兆しに着目し、デザインとビジネス、テクノロジーを融合し、これまで生み出せなかった価値を社会に届けることを目指している。

そのために、従来の競争型のアプローチでなく、異なる領域を“和える”編集型のアプローチにより、産業を再定義していく独自の手法で事業創造を行うとしている。

18/7期の売上高構成比は、リノベーション・中古住宅の流通プラットフォームであるcawcamo(カウカモ)事業が72.1%、オフィスのシェアリングサービスを展開しているシェアードワークプレイス事業が27.9%となっている。

18/7期は営業利益の赤字が拡大しているが、事業拡大に伴う人員の増加による給与の増加、cowcamo事業のwebマーケッティングを中心とした先行投資によるものである。

cowcamo事業は、ITを活用したリノベーション・中古住宅流通プラットフォームcowcamoにおいて、オンラインメディアを通じた物件情報サービス及び同社エージェント(物件紹介等を行う同社所属の不動産仲介者)による仲介サービス、顧客ニーズや物件のデータを活用した売主・事業者向け支援サービス等を提供している。

(2019年8月2日時点)

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store