MENU

7698 東証JASDAQ(卸売業)

アイスコ

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.04.13)

PDFを開く

Iceco(7698 TSE JASDAQ)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Decrease in revenue forecasted for fiscal year ending March 2022, but expectations on growth potential of frozen business

Two Pillars; Wholesale of Ice Creams and Frozen Foods and Operation of Food Supermarket
Iceco develops the food wholesale business specialized in frozen products such as ice creams and frozen foods for the retail market. It was originally a wholesaler specialized in ice creams, and launched wholesale of frozen foods for the retail market in 1996. In addition, it started operation of food supermarkets in April 2009 through an M&A.

The company’s business is comprised of two report segments; the frozen business, in which it conducts wholesale of ice creams and frozen foods, and the supermarket business. Sales composition of the frozen business is continuing to increase, accounting for 74.4% of the net sales of the fiscal year ended March 2020.

Frozen Business
The company develops its frozen business centering on the Kanto and Tokai regions and has an in-house logistics function. The company has 13 logistics bases (two logistics centers and 11 business offices) and approximately 300 distribution trucks. Around 90% of the deliverers that conduct distribution and display are the company’s employees.

Therefore, it has strength in full maintenance services, delivering products using the company’s deliverers directly displaying products in the shops’ selling spaces, for small shops with small backyards where refrigerators cannot be installed. Major customers of the company are the drug store operator CREATE SD and general discount store operator Don Quijote and they respectively account for 28.9% and 25.7% of the net sales of the frozen business for the fiscal year ended March 2020.

Supermarket Business
In the supermarket business, the company operates eight directly-operated supermarkets (seven in Kanagawa Prefecture and one in Shizuoka Prefecture) and two tenant supermarkets. It focuses on fruits and vegetables, fresh fish and meat to differentiate itself from major supermarkets.

概要(レポートから抜粋)

アイスコ(以下、同社)は、アイスクリームと市販用冷凍食品(以下、フローズン商品)に特化した食品卸を中心に事業を展開している。元々はアイスクリーム専門の卸売だったが、96年に市販用冷凍食品の卸売に参入した。また、09年4月に大我産業を吸収合併し、食品スーパーマーケットの運営を行うようになった。

同社の事業は、アイスクリーム・冷凍食品の卸売を行うフローズン事業と、食品スーパーマーケットを運営するスーパーマーケット事業の2つの報告セグメントで構成される。フローズン事業が売上高の70%超を占めるが、その売上構成比の上昇が続いている。

フローズン事業では、関東及び東海エリアを中心に、フローズン商品に特化した卸売を行っている。物流のリソースを自社で保有していることが特徴である。13カ所の物流拠点(物流センター2カ所、営業所11カ所)と約300台の配送用トラックを所有し、また、配送と陳列を行う配送員(ドライバー等)は、約9割が自社社員である(残り約1割は協力会社等への委託)。

取り扱うフローズン商品は、常温の状態ではすぐに溶けてしまうという特性がある。そのため、バックヤードが狭くて冷凍庫を置くことができない小規模の店舗には、店舗のバックヤードに置いてくるだけの「ドロップ納品」は適さない。こうした店舗には、配送員が顧客店舗の売り場に商品を直接陳列して納品する「フルメンテナンスサービス」が求められるが、同社はこの「フルメンテナンスサービス」を得意としている。顧客企業の陳列業務を軽減することで、人手不足という小売企業が抱える経営課題を解決することも同社は付加価値としている。

この付加価値はバックヤードが狭い店舗を運営する顧客企業に受け入れられている。ドラッグストアを運営するクリエイトSDホールディングス(3148東証一部)傘下のクリエイトエス・ディーと、総合ディスカウントストアを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532東証一部)傘下のドン・キホーテが同社の主要顧客となっている。両社の店舗の増加は、フローズン事業の売上成長の原動力となっている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store