MENU

7694 東証マザーズ(小売業)

いつも

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2020.12.22)

PDFを開く

itsumo.(7694 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Supporting brand manufacturers in conducting direct sales to consumers by utilizing e-commerce

Comprehensively Support EC Businesses of Brand Manufacturers
itsumo. provides two types of services, EC marketplace services and EC marketing services.

EC Marketplace Services
For EC marketplace services, the company mainly provides EC Business Partner (D2C business support) and EC Fulfilment. The primary targets are major manufacturers that have leading brands.

EC Business Partner (D2C business support) is a service that comprehensively supports D2C businesses and primarily targets brand manufacturers. By becoming the official EC business partner of brand manufactures, it supports operations necessary for D2C businesses.

The company acts as the official website operator and purchases products from brand manufacturers and directly sells them to consumers through official EC websites as well as Rakuten Ichiba, Amazon, Yahoo Shopping and other platforms. Expenses include merchandise costs, logistics costs and fee payments to EC platforms.

As for EC Fulfilment, the company provides EC dedicated customer services, warehousing and logistics services. The revenue of the service is the handling volume multiplied by the unit price contracted with the customer, and expenses include warehousing fees, shipping fees and other costs.

EC Marketing Services
EC marketing services primarily provides EC Consulting, which advises on how to enhance sales for each EC platform. It also supports operations necessary for EC businesses and provides data.

概要(レポートから抜粋)

いつも(以下、同社)はECマーケットプレイスサービスとECマーケティングサービスのふたつのサービスを提供している。

ECマーケティングサービスは創業時より行っている事業で、主に顧客のEC戦略の実行を支援するコンサルティングを行っている。

ECマーケットプレイスサービスでは、ブランドメーカーのブランドのEC事業を一括代行し、Eコマースを活用して直接消費者に販売する支援を行っている。今までブランドメーカーは製造した製品を卸や小売業者に販売するだけで、直接消費者に販売することはなかったが、インターネットが普及した今、D2C事業も有力な販売方法として無視できなくなってきている。このような環境下、EC事業を総合支援するサービスを提供している。

ECマーケットプレイスサービスは同社が公式サイトの運営者となりブランドメーカーから商品を仕入れ消費者に販売している。このため、外形的にはEC小売業者と受け取られるが、収益の源泉はブランドメーカーのEC事業(D2C事業)を一括で代行できるノウハウや機能の提供にあり、その対価を商品販売の売上総利益というかたちで受け取っているというのが同社のビジネスモデルと理解する方が適切と思われる。

同社の収益モデルは、公式サイトの運営者である限り、収益が見込めるストック型ビジネスの要素もあり、EC事業代行の成功度合(=売上高の増加)に連動する成功報酬型モデルの要素も持つ独特のビジネスモデルと言える。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

SKIYAKI

3995 東証マザーズ

かっこ

4166 東証マザーズ

Mマート

4380 東証マザーズ

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store