MENU

7343 東証マザーズ(保険業)

ブロードマインド

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.03.30)

PDFを開く

Broad-Minded(7343 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Financial partner providing financial services to ordinary households

Providing Financial Services Mainly to Families
Broad-Minded provides financial consulting services to families in their twenties to forties with family income before taxes of two million yen to twelve million yen. The company was established by the president, who formerly worked for Sony Life Insurance, as an independent agent that handles instruments of multiple life insurance companies to meet various customer demands. Later, the company started handling financial instruments, housing loans and real estate agency functions, and established a structure that can provide finance-related services comprehensively.

For the high-income group, mega-banks and private banks provide comprehensive finance-related services. However, due to high compensation, they do not target the middle-income group as their income and expenditures would not balance out unless they narrow down their target to groups that have above a certain amount of assets.

Therefore, for families in the middle-income group, the reality is that companies are providing insurance instruments or financial instruments only according to their business category, like providing only insurance instruments if the company is in the insurance business. Broad-Minded is virtually the only company that can comprehensively provide finance-related services to middle-income families, and its largest competitive factor is the fact that it has established a structure enabling such.

The company handles life insurance, non-life insurance, financial instruments, housing loans, real estate and other services, but around 80% of its total net sales for the fiscal year ended March 2020 is from the life insurance agency business. In addition, the top two companies contributing to the company’s net sales are life insurance companies and they account for over half of its net sales in total.

概要(レポートから抜粋)

ブロードマインド(以下、同社)は、中間所得層のファミリー向けに金融コンサルティングサービスを提供している。ソニー生命出身の代表取締役社長が、顧客の幅広い需要に対応するため、複数の生命保険会社の商品を扱える乗合代理店として設立した。その後、保険だけに限らず、金融商品、住宅ローン、不動産仲介も扱うようになり、包括的に金融関連のサービスを提供できるような体制を構築した。

富裕層向けには、大手金融機関のウェルスマネジメント部門やプライベートバンクのように、金融関連のサービスを包括的に提供する事業者は存在している。しかし、その人件費の高さから、ある一定以上の資産を保有する層を対象にしないと収支が合わず、中間所得層を顧客対象とはしていない。

そのため、中間所得層のファミリー向けには、保険なら保険だけといったように、金融業態ごとに各社が個別に金融商品を提供しているのが実情であった。中間所得層のファミリー向けに包括的に金融関連サービスを提供できる会社は同社くらいしかなく、それを可能にする仕組みを構築していることが、同社最大の競争力の源泉となっている。

同社の事業セグメントは、フィナンシャルパートナー事業の単一セグメントだが、同社の売上高は、提供する商品・サービス別に6つの事業に分類される。20/3期の全体の売上高の約8割が生命保険代理業によるものとなっている。また、売上高の相手先の上位2社は生命保険会社であり、2社合計で全体の売上高の過半を占めている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store