MENU

7320 東証マザーズ(その他金融業)

日本リビング保証

ベーシックレポート

(公開日 2021.06.04)

PDFを開く

Japan Living Warranty(7320 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

1. Corporate Overview
Japan Living Warranty was established as a warranty extension company for housing equipment and is a provider of total after-sales service solutions for housing and housing equipment including their maintenance and warranties.

2. Financial Analysis
With the expansion of its scope of services, the company recorded revenue increases for seven consecutive fiscal years through the fiscal year ended June 2020 based on information publicly available, and its annual average revenue increase rate is 43.7%. On the other hand, although it turned to an ordinary profit in the fiscal year ended June 2015, the level of profit for fiscal years ended June 2016 and June 2017 remained low due to the increase in fixed costs. Since the fiscal year ended June 2018, ordinary profit has been on an increasing trend.
When comparing with listed companies that provide similar services, Japan Living Warranty’s growth rate of ordinary profit and ROE stand out. Its high ROE is due to its low equity ratio, and the high ROE level is expected to continue due to its structurally high financial leverage.

3. Corporate Strategy Analysis
As for issues that should be dealt with, the company needs to acquire and accumulate knowledge of B-to-C services, utilize its M&A experience and propel investment management.
The company focuses on enhancement of its after-sales service platform and enhancement of business cooperation for its medium- to long-term strategy. In the enhancement of its after-sales service platform, the company plans to continuously introduce new services in existing fields as well as develop services concerning settlement-related solutions.

4. Analyst Evaluation
The Stock Research Center evaluates that the company’s development of B-to-B-to-C services having housing companies as its direct customers led to the current business expansion. The Stock Research Center would like to keep an eye on future trends of its B-to-C services that are planned to be introduced with the aim of enriching its after-sales service platform.

概要(レポートから抜粋)

1.会社概要
・日本リビング保証(以下、同社)は、住宅設備の延長保証会社として創業し、住宅の保守・保証をはじめとするアフターサービスのトータルソリューション企業として事業を展開している。

2.財務面の分析
・サービスの規模拡大により、公表されている範囲では20/6期まで7期連続増収となり、年平均増収率は43.7%だった。一方、15/6期に経常黒字となったが、16/6期及び17/6期は固定費の増加で利益水準は低く留まった。18/6期以降は経常利益が積み上がっていくようになった。
・同社と類似のサービスを持つ上場企業との比較では、同社の成長性の高さと自己資本利益率の高さが目立つ。前者は同社が利益拡大局面にあるためだが、後者は低い自己資本比率によるもので、事業の構造上、当面は低い自己資本比率による高い自己資本利益率の状況が続くものと予想される。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、創業より関わってきた4名の取締役(人的資本)であり、この4名を中心に保証サービスが始まり、ノウハウ(組織資本)が蓄積された。それがサービスの改良を通じて、住宅事業者を中心とした顧客基盤(関係資本)の強化につながり、事業収益化につながった。

4.経営戦略の分析
・対処すべき課題として、BtoC型のサービスの知見の獲得及び蓄積、M&Aの経験の活用、投資運用の推進が挙げられる。
・同社はアフターサービスプラットフォームの強化と営業連携の強化を中長期戦略の中心に据えている。アフターサービスプラットフォームの強化については、既存領域での新サービスの投入を続けるほか、決済関係のソリューションに関するサービスを展開していく方針である。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンターでは、住宅事業者を直接の顧客とするBtoBtoC型のサービスとして展開したことが現在の事業拡大につながったと評価している。今後、アフターサービスプラットフォームの充実を目指して投入が予定されているBtoC型のサービスの成否に注目していきたい。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store