MENU

4498 東証マザーズ(情報・通信)

サイバートラスト

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.04.27)

PDFを開く

Cybertrust Japan(4498 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Providing trust services on IT infrastructure with electronic certification technologies and Linux/OSS technologies

Provider of Trust Services Supporting Safe Use of IT Infrastructure
Cybertrust Japan is a company that provides trust services that support safe use of IT infrastructure. Having SB Technology (4726 TSE First Section) as its parent company, former Cybertrust and MIRACLE LINUX, which were fellow subsidiaries, merged and formed the current Cybertrust Japan in October 2017.

Net sales is classified into three fields; certification and security services, open source software (OSS) services and IoT services. Out of the overall net sales, certification and security services account for around 60% and OSS services account for about 20%.

OSS Services
As OSS is open to all people free of charge, it is used when one wants to construct a system at a low cost or freely design a system. However, as there are no performance guarantees and support, it is difficult to conduct everything from constructing a system to operating it on one’s own.

Therefore, distributors providing packages based on OSS exist. Cybertrust Japan is the only Linux/OSS distributor in Japan, and provides comprehensive solutions with packages that are bundled with support services.

IoT Services
The services are to provide solutions for using IoT equipment. While recommending the use of “EMLinux,” a Linux OS provided by the company for IoT equipment, for OS, it provides “Secure IoT Platform” that enables secure use of the system and “EM + PLS” that supports long-term use of IoT equipment.

概要(レポートから抜粋)

サイバートラスト(以下、同社)は、ITインフラの安全な利用を支えるトラストサービスを提供する会社である。SBテクノロジー(4726東証一部)を親会社としており、当時兄弟会社の関係にあった旧サイバートラストとミラクルリナックスが17年10月に合流して現サイバートラストとなった。

こうした経緯から、旧サイバートラストが持っていた認証・セキュリティ技術とミラクルリナックスが持っていたLinux/OSS技術という2つのコア技術をベースにサービス提供をしている。さらに、両技術を融合する形で、今後需要拡大が見込まれるIoT分野でのソリューションの提供も増えている。

同社の事業セグメントは、トラストサービス事業の単一セグメントだが、売上高は認証・セキュリティサービス、OSSサービス、IoTサービスの3つに分類される。全体の売上高の約6割が認証・セキュリティサービス、約2割がOSSサービスによるものとなっている。

売上高の約6割を占める認証・セキュリティサービスは、デジタル社会における「身分証」に該当する電子証明書、電子的本人確認、電子署名等の各種証明書の提供を中心とした情報セキュリティに関するサービスである。

提供される電子証明書や電子署名等が信用に足るものであるためには、電子認証局による保証が必要不可欠となる。同社は国内で初めて商用電子認証局を立ち上げた実績を持ち、また、同社の電子認証局は国際的な監査規格であるWeb Trust for CAに合格しているなど信頼性が高い。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store