MENU

4059 東証JASDAQ(情報・通信)

まぐまぐ

ベーシックレポート

(公開日 2021.07.30)

PDFを開く

Magmag(4059 TSE JASDAQ)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Operator of a platform for distributing content centering on mail magazines

1. Corporate Overview
Magmag is engaged in the platform business in which it operates a mail magazine distribution platform, the media advertisement business in which it operates web media, and the other business in which it conducts event planning, etc.
During the six months to March 2021, the platform business accounted for 52.5% of net sales, the media advertisement business accounted for 47.2% and the other business accounted for 0.3%.

2. Financial Analysis
In the fiscal year ending September 2021, the company expects a 2.6% year-on-year increase in net sales to 700 million yen and a 10.1% year-on-year decrease in operating profit to 130 million yen. While it expects a slight increase in revenue due to the steady increase in number of paying members, the company expects a decrease in operating profit due to an increase in labor costs.

3. Non-Financial Analysis
The source of the company’s intellectual capital is considered to be in expertise in operation of the mail magazine distribution platform that it accumulated since its business launch and its large number of creators as well as mail magazine memberships.

4. Corporate Strategy Analysis
As for issues that should be addressed, the company needs to adapt to the evolution in digital technologies, secure personnel with high expertise, enhance its training system, etc.
The company intends to aim for sustainable expansion of its business size by enhancing functions of its livestreaming service platform in the platform business and expand the content of existing media in the media advertisement business.

5. Analyst Evaluation
The Stock Research Center considers that, by enhancing acquisition of creators through further enriching its support structure and increasing its number of sales and marketing personnel, the number of registered memberships and fee-based mail magazine subscribers will increase, which will lead to expansion of the business size of the company.
The Stock Research Center expects that profit in the fiscal year ending September 2021 will surpass the company’s forecast and that increases in revenue and profit will continue thereafter.

概要(レポートから抜粋)

1.会社概要
・まぐまぐ(以下、同社)は、メールマガジン(以下、メルマガ)配信プラットフォームを運営するプラットフォーム事業及びWebメディアを運営するメディア広告事業、イベントの企画などを行うその他事業を行っている。
・21/9期第2四半期累計期間の売上構成比は、プラットフォーム事業52.5%、メディア広告事業47.2%、その他事業0.3%である。

2.財務面の分析
・21/9期の会社計画は売上高が前期比2.6%増の700百万円、営業利益が同10.1%減の130百万円である。有料会員数の着実な増加により小幅な増収を見込む一方、増員に伴う人件費の増加による営業減益を計画している。
・他社との財務指標比較では、収益性の3項目が他社を上回る水準で、特に売上高営業利益率が20%超の高い水準にある。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、事業開始以来蓄積してきたメルマガ配信プラットフォーム運営に関するノウハウや、クリエイターやメルマガ会員といった関係資本にあると考えられる。

4.経営戦略の分析
・対処すべき課題として、デジタルテクノロジーの進化への対応や高い専門性を持つ人材の確保及び育成体制の強化などが挙げられる。
・同社は、プラットフォーム事業では「まぐまぐ!Live」の機能強化、メディア広告事業では既存メディアのコンテンツ拡充などに取り組み、持続的な事業規模拡大を目指す考えである。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、サポート体制の更なる充実や営業増員によりクリエイターの獲得を強化することで登録会員数及び有料メルマガの購読者数が増加し、同社の事業規模拡大につながると考えている。
・業績については、21/9期は会社計画を上回る利益水準を予想し、その後も増収増益が続くと予想している。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store