MENU

7089 東証マザーズ(サービス業)

フォースタートアップス

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

人材資源を中心にスタートアップ企業を支援するサービスを展開

フォースタートアップス(以下、同社)は、社会にイノベーションをもたらすスタートアップ企業に対し人材を始めとする様々な支援を行う成長産業支援事業を行っている。

サービス別ではタレントエージェンシーサービスと19年4月から開始したアクセラレーションサービスに大別される。

タレントエージェンシーサービスは、スタートアップ企業に対して人材紹介サービス、採用支援サービスなどを提供している。

人材紹介サービスは創業時からのサービスで、ヒューマンキャピタリストと称する転職を支援するコンサルタントが人材をスタートアップ企業に紹介し、入社した時点で成功報酬としてのコンサルティングフィーを受け取っている。

但し入社した人材が一定期間内に退職した場合は、契約内容に基づき報酬の一部を返金する。19/3期に同社が転職を支援し紹介した会社への入社人員(以下、取引数)は406名、1取引数当たりの平均コンサルティングフィーは2,459千円であった。

コンサルティングフィーは、一般的な人材紹介会社同様に年間報酬額見込みの30%から35%であるが、経営トップ層に近い人材の場合は50%から100%の場合もある。

ヒューマンキャピタリストは候補となる人材を、人材紹介会社の人材データベースを利用して発掘している。国内の人材紹介会社の多くは転職希望者を自社で集めているのに対し、同社はスタートアップ企業が求める人材を効率的に発掘できるよう、外部のデータベースを利用している。

スタートアップ企業に同社が紹介した人材が入社した場合には、利用したデータベースを保有する人材紹介会社に、手数料を払う仕組みである。

利用する外部のデータベースとしてはビズリーチ(東京都渋谷区)が多い。ビズリーチのデータベースを利用して同社が得たコンサルティングフィーは、19/3期の売上高の65.4%を占めている。

転職希望者は複数の人材紹介会社に登録する傾向があるため、人材情報源としては数社の人材紹介会社のデータベースで十分としている。

(2020年3月17日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store