MENU

7089 東証マザーズ(サービス業)

フォースタートアップス

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

人材資源を中心にスタートアップ企業を支援するサービスを展開

フォースタートアップス(以下、同社)は、高い成長性を有し、社会にイノベーションをもたらすスタートアップ企業に対して、人材紹介を始めとする様々なサービスを提供する成長産業支援事業を行っている。

同社は、人材派遣や業務請負等の人材サービスを展開するウィルグループ(6089東証一部)の子会社であるセントメディア(現 ウィルオブ・ワーク)のネットジンザイバンク事業部が会社分割して16年9月に設立された。21年3月末時点のウィルグループの保有株比率は61.5%となっている。

同社の連結子会社は、21年5月に設立したスタートアップ企業への投資を行うフォースタートアップスキャピタル1社で、22/3期第2四半期累計期間(以下、上期)から連結財務諸表を作成する予定である。

成長産業支援事業の単一セグメントであるが、売上高は提供するサービスごとに、人材紹介を主力とするタレントエージェンシーサービス、資金調達支援などを行うオープンイノベーションサービスに分類されている。

(2021年9月10日時点)

沿革(レポートから抜粋)

同社の前身は、ウィルグループの子会社であるセントメディア(現ウィルオブ・ワーク)で、13年4月にスタートアップ企業に対する人材支援サービスの提供を目的としてネットジンザイバンク事業部を発足したことから事業が始まった。

16年9月にネットジンザイバンク事業部が会社分割してネットジンザイバンク(現 同社)が設立された。

18年3月に現社名であるフォースタートアップスに商号変更し、同年5月に成長産業領域に特化したデータベース「STARTUP DB」をリリースした。

19年4月に「STARTUP DB」を活用した情報提供などを行うアクセラレーションサービス(現 オープンイノベーションサービス)を開始した。

20年3月に東京証券取引所マザーズ市場へ株式を上場し、21年5月に投資事業を行うフォースタートアップスキャピタルを設立した。

(2021年9月10日時点)

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store