証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > きずなホールディングス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

きずなホールディングス

7086

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 家族葬である「ファミーユ」ブランドを主に展開 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

きずなホールディングス(以下、同社)は、持株会社である同社、完全子会社の家族葬のファミーユ(東京都港区)と花駒(京都府相楽郡)の3社で構成されている。

同社グループは葬儀事業の単一セグメントだが、売上収益は葬儀売上、仲介手数料収入、その他のサービスに分類される。家族葬のファミーユはすべてのサービスを、花駒は葬儀施行業と仲介手数料収入に分類される商材販売を行っている。

葬儀売上として、葬儀施行及び葬儀付帯業務に関する収益が計上されている。葬儀施行には直営モデルと委託モデルがある。直営モデルは、同社が施主より直接受注し、同社が葬儀を施行する。

委託モデルは、花や機材は同社が提供するが、ホールや人員は業務提携をしている葬儀社が手配し葬儀を施行する。直営及び委託モデルとも施主からの収入を売上高として計上している。

仲介手数料収入はネット集客業で受け取る対価と商材販売で構成されている。同社はインターネットを使ったプロモーションにより獲得した葬儀施行の依頼のうち、同社グループが葬儀関連備品や供花などの調達ルートを活かせない遠隔地においては、提携している葬儀社や代理店に委託、もしくは仲介しており、その対価として葬儀社からは委託手数料、代理店からは仲介手数料をネット集客業の収益として計上している。また、葬儀後に必要な仏壇等の商材販売は、販売に係る粗利で構成されている。

その他のサービスは、同社が開発した独自の葬儀スタイルを使用するフランチャイジー(3社)からのロイヤリティ収入等、葬儀施行業とネット集客業のいずれにも属さないサービスの収益で構成されている。

19年12月末時点では、7道府県に79の直営ホールを展開している。自社による新設とM&Aにより、直営ホール数は15/5期末の44ホールから、撤退したホールがなく継続的に増加している。委託モデルでの形態で提携している葬儀社は4都県、ネット集客業の提携先は29道府県で展開している。

(2020年3月10日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。