証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ALiNKインターネット

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ALiNKインターネット

7077

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 天気予報専門の大手メディア「tenki.jp」を運営 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ALiNKインターネット(以下、同社)は、「気象情報×インターネット」を事業領域とする企業であり、天気予報専門メディアの「tenki.jp」の運営を行っている。

「tenki.jp」はインターネットに情報を提供する天気専門メディアの中では大手3強の一角を占める。また、売上構成比としては小さいが、「tenki.jp 登山天気」も運営している。

「tenki.jp」は、一般財団法人日本気象協会(東京都豊島区 以下、気象協会)との共同事業として運営されている。

気象協会は、民間の予報業務許可事業者の中で全国的に展開している大手事業者である。気象協会としては、BtoB向けの気象サービスは気象協会自身で行い、BtoC向けの気象サービスを「tenki.jp」を通じて展開するということになる。

「tenki.jp」の運営のための様々な役割を両社で分担している。同社のみが担当する役割としては、システムの運用や開発、運用型広告業務、マーケティングがあり、気象協会のみが担当する役割は、気象データをはじめとする各種データの提供や、業務に必要な契約手続き等がある。それ以外の役割については、主担当や副担当を明確にしているものもあるが、両社が共同で行っている。

「tenki.jp」は天気情報のメディアを志向しているため、有料課金は行わない方針を採っている。そのため、「tenki.jp」の収入のほとんどが広告収入となる。

広告収入の内訳は、運用型広告によるものが90%以上、純広告によるものが10%以下である。なお、「tenki.jp 登山天気」は月額課金を行っているため、「tenki.jp」とは別のサイトという位置づけになっている。

これらの広告収入は、一旦、気象協会に入金される。その後、定められたレベニューシェアの割合に応じて気象協会から配分される。そのため、同社の売上高の大半が気象協会に対するものとなっている。なお、レベニューシェアの割合は、同社が49.5%、気象協会が50.5%である。

(2019年12月13日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。