証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > 田中建設工業

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

田中建設工業

1450

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 民間の建築物の解体工事の施工監理に特化した建設会社 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

田中建設工業(以下、同社)は、一都三県を中心に展開する、建築構造物の解体工事の施工監理に特化した建設会社である。解体の対象はビルや集合住宅、商業施設等が中心で、有名な施設では、横浜プリンスホテル、ホテルオークラ東京本館等の解体工事での実績を有する。

同社の事業は解体事業の単一セグメントだが、売上高は6つの顧客区分に分類される。ゼネコンの構成比が高いが、デベロッパーが施主で、ゼネコンを経由して発注を受けるケース(実質的に同社が元請のケース)が含まれている。

一方、官公庁向けはほとんどなく、民需が中心である。同社が手掛けた日本青年館の解体工事は、同社にとっては珍しい案件である。

同社が獲得する案件は、デベロッパーや再開発組合といった施主から元請として発注を受けるものと、施主から発注を受けたゼネコン等の元請会社から下請として発注を受けるものがある。

他の解体工事業者と比べ元請比率が高く、18/3期は金額ベースでも件数ベースでも過半が元請案件で、その比率は緩やかな上昇傾向にある。

比較的小規模の案件が多く、5,000万円以下の案件が60%を超える。そのため、平均工期は半年に満たない。新規顧客の多くは、金融機関やゼネコンからの相談から始まって案件につながっていくという。また、リピート顧客が多く、18/3期は金額ベースでも件数ベースでもリピート顧客の案件が70%を超える。

同社は施工監理に特化しており、解体工事、産業廃棄物処理、アスベスト除去といった実際の作業は、協力会社に発注する。施工監理に特化しているため基本的には重機を持たず、固定資産が少ないのが特徴である。そのため、建設会社としてはROAが高く、また、1人当たりの経常利益も大きい。

(2018年12月21日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。