• Facebook
  • Twitter

MENU

1450 東証スタンダード(建設業)

レポート一覧はこちら

田中建設工業

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2018.12.21)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

民間の建築物の解体工事の施工監理に特化した建設会社
売上計上基準変更の過渡期にあるが、今後の需要拡大の恩恵を受ける公算大

◆解体工事の施工監理に特化した建設会社
田中建設工業(以下、同社)は、一都三県を中心に展開する、建築構造物の解体工事の施工監理に特化した建設会社である。解体の対象はビルや集合住宅、商業施設等が中心で、有名な施設では、横浜プリンスホテル、ホテルオークラ東京本館等の解体工事での実績を有する。

同社の事業は解体事業の単一セグメントだが、売上高は6つの顧客区分に分類される。ゼネコンの構成比が高いが、デベロッパーが施主で、ゼネコンを経由して発注を受けるケース(実質的に同社が元請のケース)が含まれている。一方、官公庁向けはほとんどなく、民需が中心である。同社が手掛けた日本青年館の解体工事は、同社にとっては珍しい案件である。

◆元請比率が高く、短工期の民需の案件が多い
同社が獲得する案件は、デベロッパーや再開発組合といった施主から元請として発注を受けるものと、施主から発注を受けたゼネコン等の元請会社から下請として発注を受けるものがある。他の解体工事業者と比べ元請比率が高く、18/3期は金額ベースでも件数ベースでも過半が元請案件で、その比率は緩やかな上昇傾向にある。

比較的小規模の案件が多く、5,000万円以下の案件が60%を超える。そのため、平均工期は半年に満たない。新規顧客の多くは、金融機関やゼネコンからの相談から始まって案件につながっていくという。また、リピート顧客が多く、18/3期は金額ベースでも件数ベースでもリピート顧客の案件が70%を超える。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

ドラフト

5070 東証グロース

ノバック

5079 東証スタンダード

アップコン

5075 名証ネクスト

ASNOVA

9223 名証ネクスト

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store