MENU

9229 東証グロース(サービス業)

サンウェルズ

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2022.06.28)

PDFを開く

SUNWELS(9229 TSE Growth)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Developing fee-based nursing homes specializing in Parkinson’s disease nationwide

Developing Long-Term Care Business Centered on Fee-Based Nursing Homes Specializing in Parkinson’s Disease
SUNWELS’ main business is the facility care business such as medical care homes, group homes, day service facilities centering on fee-based nursing homes specializing in Parkinson’s disease. It also rents and sells welfare equipment, renovates houses, operates compression training gyms, and more.

Since the fiscal year ended March 2019, it has focused on opening PD Houses (fee-based nursing homes specializing in Parkinson’s disease) which achieved net sales of 3,356 million yen in the first three quarters of fiscal year ended March 2022, accounting for the majority of its sales at 56.7%. Next was medical care homes accounting for 30.1%.

In the facility care business, 10-30% of net sales is from facility rent and meal fees paid by service users, co-payment portion of long-term care and medical insurances, etc., while the remaining 70-90% is insurance income from long-term care and medical insurances and welfare services for persons with disabilities.

PD Houses are residential, fee-based nursing homes specializing in patients with severe Parkinson’s disease. As of the end of fiscal year ended March 2022, there are 12 facilities (613 beds) nationwide. PD Houses offer rehabilitation programs specializing in Parkinson’s disease, in-home medical care by specialists, medication management by nurses and such.

Its fee-based nursing home brand specializing in medical care offers medical care and lifestyle support from doctors and nurses to patients with dementia, cancer and intractable diseases as they live in the facilities. As of the end of April 2022, SUNWELS operates seven locations in the Hokuriku area.

In addition to the above, it also operates two group homes and three day service facilities as of the end of April.

概要(レポートから抜粋)

サンウェルズ(以下、同社)は、パーキンソン病患者専門の有料老人ホームを中心に、医療特化型住宅、グループホーム、デイサービス等の施設介護事業を主要業務としている。その他、福祉用具のレンタル・販売、住宅のリフォーム事業、加圧トレーニングジムの運営等も行っている。

同社の事業は介護事業の単一セグメントであるが、サービス内容毎の売上内訳を開示している。19/3期以降はパーキンソン病専門有料老人ホームのPDハウスの出店に注力しており、22/3期第3四半期累計期間では、PDハウスの売上高が3,356百万円、売上構成比56.7%と売上高の過半を占めた。

施設介護事業の売上高は、1~3割がサービスの利用者が支払う施設の家賃や食事代、介護保険や医療保険の自己負担分等であり、残りの7~9割は、介護保険、医療保険及び障害福祉サービスによる保険収入である。

PDハウスはパーキンソン病専門の有料老人ホーム(住宅型有料老人ホーム及びサービス付高齢者向け住宅)であり、22/3期末で全国に12施設、613床を展開している。

パーキンソン病は、脳内のドーパミン神経細胞の変性を主体とする進行性疾患で、手足の震え、筋肉のこわばり、転倒しやすくなる等の症状があり、国の指定難病に指定されている。現在、根治する治療法は確立されてはいないが、リハビリテーションと適切な薬剤コントロールにより、病気の進行を遅らせることができる。

厚生労働省の「衛生行政報告例」によれば、パーキンソン病の重症度を測るホーン・ヤール重症度でⅢ~Ⅴの重度のパーキンソン病患者で、医療費助成制度の対象となる特定医療費受給者証を持つ患者数は、20年度末で約14.2万人に達する。

PDハウスでは、パーキンソン病に特化したリハビリテーションプログラムや、専門医の訪問診療、看護師による服薬管理等を提供している。

PDハウスは重度のパーキンソン病患者を対象としており、利用者負担分と介護保険からの収入に加え、医療保険と障害保険による収入が計上されるため、利用者負担分と介護保険からの収入が計上される、一般の有料老人ホームに比べ、入居者一人当たりの単価が高くなっている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store