MENU

7800 東証JASDAQ(その他製品)

アミファ

アップデートレポート

(公開日 2021.07.02)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

◆ 100円ショップを主力販路とする雑貨のファブレスメーカー
・アミファ(以下、同社)は、100円ショップを主力販路とするライフスタイル雑貨のファブレスメーカーである。100円ショップ向けのワンプライス商品(20/9期売上高構成比93.5%)、小売・卸売業者やメーカー向けのOEM商品(同4.5%)、フラワーアレンジメント教室等を販路とするフルール商品(同2.0%)、その他商品(同0.0%)を手掛けている。同社は、21/9期から、小売価格100円の商品をワンプライス商品、同100円超の商品をプチプライス商品とする新たな商品分類に移行した。

◆ 21年9月期上期決算は5%減収、10%営業減益
・21/9期第2四半期累計期間(以下、上期)の決算は、前年同期比4.5%減収、10.3%営業減益であった。新型コロナウイルス問題による消費マインドの落込みや、バレンタインデー関連商品の不振による減収に加え、人件費等が増加したため、営業減益となった。

◆ 21年9月期の会社計画は5%増収、9%営業減益を維持
・営業利益の上期実績は通期計画を上回っているが、下期は営業損失となる季節性があるため、同社は4.5%増収、8.7%営業減益としている21/9期計画を据え置いた。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)は、上期実績や、小売価格100円超の新価格帯であるプチプライス分野での新商品の開発遅延等を踏まえて21/9期の業績予想を見直し、売上高を4,994百万円→4,913百万円、営業利益を248百万円→246百万円に下方修正した。

◆ プチプライス商品の売上高予想を減額したが、22年9月期からの利益回復想定は維持する
・当センターでは、プチプライス商品の売上高を減額し、22/9期以降の予想も引下げた。ただ、プチプライス分野の新商品の販売が徐々に拡大すると考え、来期からの利益回復想定は維持している。22/9期は7.3%増収、4.9%営業増益、23/9期は6.3%増収、12.4%営業増益と予想した。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store