MENU

7692 東証JASDAQ(小売業)

アースインフィニティ

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2020.10.20)

PDFを開く

EARTH INFINITY CO.LTD.(7692 TSE JASDAQ)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Mainly Develops Electricity Retail Business
EARTH INFINITY conducts the energy business, in which it handles retail sales of electricity and gas, and the electronic device business, in which it handles sales of electronic breakers. As for the composition of sales in the fiscal year ended July 2020, the energy business accounted for 93.0% and the electronic device business accounted for 7.0%. Furthermore, electricity retail sales comprises over 90% of its energy business.

Energy Business
EARTH INFINITY entered into the electricity retail business in April 2016 when the full liberalization of new entries into the electricity retail market was implemented in Japan. This business mainly provides electricity procured through market transactions with the Japan Electric Power Exchange to customers throughout Japan excluding Okinawa Prefecture. The company’s target customers are small-sized factories, retail stores, restaurants. etc.
The majority of customers are acquired through door-to-door sales by the company’s employees, and the rest are mainly through agencies.

Electronic Device Business
The electronic device business provides proposals and consulting on energy cost reduction, which is realized through the purchase and installation of electronic breakers it sells, targeting small- to medium-sized enterprises.

Corporate Plan for Fiscal Year ending July 2021
For the fiscal year ending July 2021 it expects net sales of 4,001 million yen (9.2% yearon-year increase) and operating profit of 620 million yen (13.9% year-on-year increase). For net sales, it is expected that the energy business will increase 10.4% year-on-year to 3,762 million yen and the electronic device business will decrease 6.2% year-on-year to 238 million yen.

概要(レポートから抜粋)

小規模工場・飲食店・店舗などへ電気とガスを小売販売
関西地方を中心に自社社員による訪問販売を特徴とする

小売電気事業を主に展開
アースインフィニティ(以下、同社)は、電気及びガスの小売を行う「エネルギー事業」、電子ブレーカーの販売を行う「電子機器事業」を展開している。
20/7 期の売上構成比は、エネルギー事業が 93.0%、電子機器事業が 7.0%である。エネルギー事業は、小売電気とガス小売の 2 つの事業で構成されている。小売電気がエネルギー事業の売上高の 9 割以上を占めている。

エネルギー事業
同社は 15 年 3 月に特定規模電気事業者の届出、電力小売が全面自由化された 16 年 4 月に小売電気事業者の登録を行い、小売電気に参入した。

同社は、電力の需給管理を仲介業者に委託し、民間の発電所から調達した電力及び一般社団法人日本卸電力取引所(以下、JEPX)との間で行う市場取引により調達した電力を、一般送配電事業者が所有する送配電網を使用して、沖縄県を除く日本全国の顧客に供給している。同社によると、19/7期の電力の調達の約 7 割(18/7 期は 36.5%)が市場取引からである。

同社のターゲット顧客は、電力消費量が、大規模工場や大型ビル等の大口需要家と一般家庭との中間にあたる、小規模工場、店舗、飲食店などの中間層(以下、中間層)である。特に、個人オーナーや店長が契約を決済できる工場や店舗が対象である。決済者が需要先とは別の本社であったり、稟議などが必要な大型チェーンには注力していないようである。また、同社は、官公庁の入札案件に参加し、契約を獲得している。同社によると、20/7 期末の電気の契約件数は 24,451 件であり、小売電気における売上高の 9 割以上が、中間層向けであり、残りが官公庁である。

電子機器事業
電子機器事業は、主に中小企業を対象とする電子ブレーカー(コンピューター内蔵ブレーカー)の販売・設置によるエネルギーコスト削減の提案及びコンサルティングを行う事業である。電子ブレーカーは、同社の特許技術に基づき、協力会社で製品を製造し、同社が販売・設置を行うファブレス(工場を持たない)メーカーとして事業を展開している。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store