MENU

7092 東証マザーズ(サービス業)

Fast Fitness Japan

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2020.12.18)

PDFを開く

Fast Fitness Japan(7092 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Operating Anytime Fitness 24-hour fitness clubs

Master Franchisee in Japan of Anytime Fitness
Fast Fitness Japan develops its business as a master franchisee in Japan of U.S. fitness club chain Anytime Fitness. The company owns the largest number of gyms in Japan among 24-hour fitness club operators.

The company holds the rights to license sub-franchisees in Japan and has expanded its gym network by concluding contracts with sub-franchisees (FC). Its consolidated subsidiary also operates gyms as one of the FCs.

Its sales are classified into three segments: gym sales, which is net sales at gyms that the group operates; FC sales, which is revenue from FC gyms; and other operating revenue.

Change in Number of Gyms
After becoming the master franchisee in Japan in June 2010 and obtaining the rights to license sub-franchisees in Japan, the company opened its first directly managed gym in
October 2010 and its first FC gym in May 2011. Since then, it has increased the number of gyms it operates and as of the end of September 2020, it has developed 829 gyms
(149 directly managed gyms and 680 FC gyms) in 47 prefectures across Japan. The ratio of directly managed gyms to total number of gyms is 18.0%.

概要(レポートから抜粋)

Fast Fitness Japan(以下、同社)は、米国のフィットネスクラブチェーンである「Anytime Fitness(エニタイムフィットネス)」の日本におけるマスター・フランチャイジーとして事業展開をしている。10年10月に国内1号店をオープンして以降着実に店舗数を増やしていき、24時間フィットネスクラブでは国内最多の店舗を有している。

同社は、国内においてサブ・フランチャイズを許諾する権利を有し、サブ・フランチャイジー(以下、FC)と契約を締結して店舗網を拡大してきた。連結子会社のAFJプロジェクトもサブ・フランチャイジーの1社として店舗を運営している(以下、連結子会社が運営する店舗は直営店、連結子会社以外が運営する店舗はFC店)。

同社は、フィットネスクラブ運営事業の単一セグメントだが、売上は、直営店運営を通じた店舗売上、FC店からの収入となるFC売上、その他営業の収入の3つの区分に分類される。全体の売上高の約半分が店舗売上となっている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store