MENU

4412 東証マザーズ(情報・通信)

サイエンスアーツ

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.11.26)

PDFを開く

Science Arts(4412 TSE Mothers)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Supporting communications of deskless workers not sitting at desks

Develops and Sells a Platform Connecting Deskless Workers
Science Arts develops and sells Buddycom, a live communication platform that connects so-called deskless workers that do not work sitting at desks.

Buddycom is used by installing the dedicated app on smartphones and tablets. In addition to IP wireless communication enabling simultaneous calls like when using wireless devices and transceivers, it enables obtaining and sharing of information that is necessary on-site including video and store visit information.

Buddycom features various functions such as clear audio, simultaneous distribution to users within the group as well as calls among users, push-to-talk while videos are being distributed, obtaining users’ location information, exchange of content such as images and videos in addition to audio.

In the fiscal year ended August 2021, 97.5% of the net sales originated from the Buddycom business and the company is currently focusing its management resources on the Buddycom business. The number of contracted companies at the end of the fiscal year ended August 2021 reached 400.

Users in Various Business Types
Buddycom is being used at general merchandise stores, factories, transportation facilities, nursing care sites, agricultural sites, construction sites, etc., and is not limited to specific industries or business types. It is mostly used by the retail industry, where it is used for store operations and management. The benefits such as enabling issuance of instructions to individuals for support when there are crowds at registers and easily assist in providing information for inquiries from customers are highly evaluated.

概要(レポートから抜粋)

サイエンスアーツ(以下、同社)は「デスクレスワーカー」あるいは「ノンデスクワーカー」と呼ばれる机の前に座らないで仕事をする人達をつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」の開発・販売を行っている。

Buddycomはスマートフォンやタブレットに専用アプリを入れて利用される。無線機やトランシーバーのように一斉通話ができるIP無線に加えて、映像や来店情報など現場に必要な情報の取得・共有を可能にするプラットフォームである。

音声がクリアで、グループ内のユーザーへの一斉配信やユーザー同士の通話、映像を配信しながらプッシュトゥートークができる、ユーザーの位置情報が分かるなど、音声の他、画像や動画などのコンテンツのやり取りを可能にするなど、Buddycomには様々な機能や特長がある。

21/8期の売上高の97.5%がBuddycom事業によるものである(図表1)。Buddycom事業以外の売上高はハイブリッド型データベースのライセンス販売並びにサポートによるものであるが、新規顧客へのライセンス販売は終了しており、現在はBuddycom事業に経営資源を集中している。

21/8期末の契約社数は400社に達している。Buddycomは総合スーパー、工場、交通機関、介護現場、農業、建設など、特定の業界や業種に関係なく、最前線で従事するデスクレスワーカーに利用されている。

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store