MENU

4261 東証グロース(情報・通信)

アジアクエスト

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.12.28)

PDFを開く

AsiaQuest(4261 TSE Growth)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Providing one-stop service to achieve corporate digital transformation

Driving Digital Transformation Business Forward
AsiaQuest provides consulting, system development, application development and other solutions to help companies achieve digital transformation. Since the company encompasses wide-ranging digital technologies such as artificial intelligence (AI), robotic process automation (RPA), the Internet of Things (IoT), cloud, web and mobile, its consulting proposals represent the optimal combination of digital technologies.

When entrusted with system development, there are cases where the company delivers the system on a contract basis, and those where engineers are dispatched to the customer's site to perform system development. However, the latter accounts for only 20% to 30% of net sales. The AsiaQuest group comprises AsiaQuest and two overseas subsidiaries in Indonesia and Malaysia. It has been preparing consolidated financial statements since the fiscal year ended December 2019.

The company offers comprehensive support for the design, construction, and operation of cloud infrastructure such as Amazon Web Services (AWS). In November 2019, the company became an APN Advanced Consulting Partner regarding AWS. There are four tiers of APN partners: Premier, Advanced, Select, and Registered. Advanced is the rank immediately below Premier.

Examples of AsiaQuest system developments that integrate various digital technologies include a system delivered to Beppu City in Oita Prefecture and a digital twin system ordered by and delivered to Kajima Corporation.

概要(レポートから抜粋)

アジアクエスト(以下、同社)は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現すべく、コンサルティングから、要望に基づくシステム開発、アプリケーション開発等などのソリューションまでを提供している。

同社はAI(人工知能)、RPA(定型作業をロボットが代行及び自動化)、IoT、クラウド、Web、モバイル等、様々なデジタル技術を幅広く網羅しているため、コンサルティングでの提案は、デジタル技術を最適に組み合わせた内容となっている。

デジタル技術を組み合わせた同社のシステム開発事例では、大分件別府市に納品したシステムと鹿島建設(1812東証一部)から受注し納品した「デジタルツインシステム」が挙げられる。

大分県別府市に納品したシステムは、別府市によれば、対象業務における作業時間を81.3%縮減した。別府市は、19年6月に「BEPPU×デジタルファースト」を宣言し、市民サービスの向上並びに職員の事務負担の軽減を図るべく、デジタルの活用を進めている。

鹿島建設から受注したデジタルツインシステムとは、センサーや映像等の現実空間から得た様々なデータを、サイバー(仮想)空間において3次元で再現する技術である。仮想空間にリアルな世界を再現することから双子(ツイン)との表現が使われており、多様なデジタル技術を用いることでデジタルツインを実現している。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store