MENU

4017 東証グロース(情報・通信)

クリーマ

ベーシックレポート

(公開日 2022.02.04)

PDFを開く

Creema(4017 TSE Growth)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Supports creators by operating handmade goods marketplace Creema

1.Corporate Overview
Creema provides creator supporting services by operating the CtoC marketplace Creema, where individuals can transact original handmade goods online.

2. Financial Analysis
From the fiscal year ended February 2016 to the fiscal year ended February 2021, the company posted consecutive revenue increases at an annual rate of 36.1%, while recording an ordinary loss through the fiscal year ended February 2019. In addition to the fact that the company’s net sales had not reached the break-even point, the fiscal year ended February 2019 was impacted by the implementation of television commercials. The effect of the commercials led to a large revenue increase in the fiscal year ended February 2020, and the profit margin continues to rise since then.
Compared with listed companies that provide CtoC e-commerce platforms and services, the company's return on assets and operating profit margin are higher, while the net sales growth rate is lower. In addition to differences in the market environment, this is believed to be due to differences in the way advertising expenses and other costs are spent.

3. Non-Financial Analysis
The source of the company's intellectual capital is the founder, who leads the company's management. By launching the industry's first service and taking measures to attract buyers for the exhibited goods, the company has established itself as a major company in the industry, creating a virtuous cycle of customer increase, gross merchandise volume expansion, process enhancement, know-how accumulation and service vitalization.

4. Corporate Strategy Analysis
As for issues that should be addressed, the company needs to strengthen Creema's services, foster the handmade culture and increase brand awareness, as well as strengthen the revenue structure.
For the time being, the company is focusing its medium- to long-term growth strategy on expanding existing services, introducing new services and implementing strategic investments while based on Creema. By linking multiple services, the company says it aims to increase customer value in the entire economic zone of Creema.

5. Analyst Evaluation
We evaluate that Creema's consistent business concept of supporting the activities of creators is the biggest reason why it has become a force to be reckoned with in the industry.

概要(レポートから抜粋)

1.会社概要
・クリーマ(以下、同社)は、オリジナルのハンドメイド作品をオンライン上で個人同士が売買できるCtoC型のマーケットプレイス「Creema」を主軸に、クリエイター支援のサービスを展開している。

2.財務面の分析
・16/2期以降21/2期まで年平均36.1%のペースで連続増収となった一方、19/2期までは経常赤字が続いた。損益分岐点売上高に達していなかったことに加え、19/2期はテレビCMの実施が影響した。このCM効果で20/2期に損益分岐点売上高を超えた後は、利益率上昇が続いている。
・CtoC型のECプラットフォームやサービスを提供する上場企業と財務指標を比較すると、総資産経常利益率と売上高営業利益率は同社が上回り、売上高成長率は同社が下回っている。市場環境の違いのほか、広告宣伝費等のコストのかけ方の違いが影響していると考えられる。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、経営を牽引する創業者(人的資本)である。業界初のサービスを立ち上げた先行優位性は大きく、開始当初の課題だった出品作品の購入者の集客のための施策を講じることができ、顧客増、流通総額拡大、プロセス強化とノウハウ蓄積、サービス活性化という好循環を描けるようになり、業界大手としての地位の確立に結びついた。

4.経営戦略の分析
・対処すべき課題として、「Creema」のサービスの強化、ハンドメイド文化の醸成と「Creema」ブランドと知名度の向上、収益モデルの複層化を通じた収益力の強化が挙げられる。
・当面は、「Creema」 のプラットフォーム基盤をベースに、既存サービスの拡大、中長期の成長のための新サービス群の拡張や戦略投資の実行を成長戦略の中心に据えている。複数のサービスが連携することで、「クリーマ経済圏」全体での顧客価値向上を目指していくとしている。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンターでは、「クリエイターの活動を支援する」という一貫した事業コンセプトが、「Creema」が業界を二分する勢力となった最大の要因と評価している。今後、サービス領域の拡大が加速することが予想されるが、事業ポートフォリオの構築過程に注目したい。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store