MENU

3542 東証グロース(小売業)

ベガコーポレーション

アップデートレポート

(公開日 2019.08.23)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

◆ 会社概要
・ベガコーポレーション(以下、同社)は、家具・インテリア分野でEC を展開している。自社企画の商品を海外の協力工場で製造し、日本に輸入してユーザーに供給するビジネスモデルが特徴である。主力の店舗ブランドは「LOWYA(ロウヤ)」である。また、越境 EC プラットフォームの運営も手掛けている。

◆ 19 年 3 月期決算
・19/3 期決算は、売上高 13,322 百万円(前期比 2.7%増)、営業損失 296百万円(前期は 561 百万円の利益)であった。売上高の期初の会社計画に対する達成率は 84.3%に留まり、730 百万円だった営業利益の期初計画から赤字に転落した。戦略通り、「LOWYA」旗艦店(直営サイト)経由の販売が増えたものの、物流関連コストの上昇が各方面に想定以上の負の影響を及ぼし、想定していた戦略の効果を打ち消してしまった。

◆ 20 年 3 月期業績予想
・20/3 期業績について、同社は売上高 13,700 百万円(前期比 2.8%増)、営業損失 170 百万円(前期は 296 百万円の損失)を予想している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/3 期業績を、売上高13,770 百万円(前期比 3.4%増)、営業損失 115 百万円(前期は 296 百万円の損失)と予想した。サプライチェーンの改善による効果で営業損失額は減少するが、緩やかな増収により営業損失が残ろう。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、21/3 期以降、年 9%~14%台の増収が続き、21/3 期に営業黒字に転換した後、22/3 期に売上高営業利益率は 4.9%まで回復すると予想している。注目点は、サプライチェーン改善の効果の進捗のほか、収益体質になった後に利益貢献につながる可能性がある売上増加の施策の動向である。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

テモナ

3985 東証プライム

ギフティ

4449 東証プライム

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store