MENU

2984 東証スタンダード(不動産業)

ヤマイチ・ユニハイムエステート

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2022.06.24)

PDFを開く

Yamaichi Uniheim Real Estate(2984 TSE Standard)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Creating Added Value Through Acquisition, Leasing, Redevelopment and Sales of Real Estate
Yamaichi Uniheim Real Estate engages in the real estate development and leasing business, the real estate development and sales business and the condominium business centering on the Kansai region. In fiscal year ended March 2022, Osaka Prefecture accounted for 43.1% of net sales, Wakayama Prefecture for 19.6% and Hyogo Prefecture for 16.9%, while other prefectures (Nara, Shiga, Kyoto, etc.) accounted for 20.4%.

By business segment, the real estate development and leasing business accounted for 12.6%, the real estate development and sales business for 31.2%, the condominium business for 54.8% and others for 1.4%. The real estate development and sales business has a high profit margin, accounting for the majority of the company’s operating profit.

Real Estate Development and Leasing Business
The company makes diversified investment in apartments, retail facilities, office buildings and parking lots. The company conducts business mainly in the Kansai area, but has also advanced into the Tokai and Kanto areas in recent years.

Real Estate Development and Sales Business
The company mainly develops and sells residential land as well as develops and sells industrial land for companies. Along with sales of residential land lots, the company also undertakes general construction contracts for single-family residences. The company conducts sales of residential land lots mainly in Wakayama and Hyogo Prefectures.

As to sales of industrial land, the company acquires and develops land that meets the conditions suitable for the use of warehouses, logistics hubs, factories, etc. and then sells it on its own or through brokers.

Condominium Business
The company plans and develops as well as sells for-sale condominiums mostly for families, with first-time condominium buyers as its main customers.

Other Businesses
Other businesses include leasing, sales, management and operations of condominiums for seniors, home-visit nursing care services, home care support services, and operation of restaurants and hot spring facilities.

概要(レポートから抜粋)

ヤマイチ・ユニハイムエステート(以下、同社)は、不動産事業を通じた「街づくり」と「地域活性化」を使命と考え、「人々が安心して住める街づくり」、「人々が快適に暮らせる街づくり」、「人々が満足する街づくり」を通して、地域の発展とそこに住む人々の幸せを追求することを企業理念としている。

同社は関西圏を中心に不動産開発・賃貸事業、不動産開発・販売事業及びマンション事業を展開し、22/3期の地域別売上高は大阪府が8,269百万円(構成比43.1%)、和歌山県が3,760百万円(同19.6%)、兵庫県が3,234百万円(同16.9%)、その他(奈良県、滋賀県、京都府等)が3,913百万円(同20.4%)となっている。

22/3期の事業別売上高は不動産開発・賃貸事業が2,412百万円(構成比12.6%)、不動産開発・販売事業が5,982百万円(同31.2%)、マンション事業が10,513百万円(同54.8%)、その他が269百万円(同1.4%)、となっている。また、不動産開発・販売事業は利益率が高く、同社の営業利益の大部分を占めている。

同社のマンション事業は、主にファミリー層向け分譲マンションの企画開発及び販売を行っており、マンションの一次取得者を主要顧客層としている。

自社ブランドとして、ミドルからアッパークラスをターゲットとした「ユニハイム」及びハイエンドブランドである「ユニハイムエクシア」を中心に展開しており、「Only-I」という内装のオーダー対応オプションにより他社と差別化している。

22/3期のマンション事業の売上高は10,513百万円(構成比54.8%)、セグメント利益は684百万円(同23.9%)、セグメント利益率は6.5%となっており、セグメントの中では最も利益率が低い。地域別売上高は、大阪府が7,812百万円で同セグメントの売上高の74.3%を占め、兵庫県が1,739百万円、同16.5%、その他が960百万円、同9.1%となっている。

この企業の関連キーワード

ヤマイチ・ユニハイムエステート

企業情報・その他のレポートはこちら

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store