MENU

1446 東証一部(建設業)

キャンディル

アップデートレポート

(公開日 2020.07.03)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

◆ 会社概要
・キャンディル(以下、同社)は、グループ全体で、修繕・改修・維持・管理といった建物のライフサイクルの各局面をサポートするサービスを展開している。

◆ 20 年 9 月期上期決算
・20/9 期第 2 四半期累計期間決算は、売上高 6,617 百万円(前年同期比3.1%減)、営業利益 324 百万円(同 8.4%減)となった。第 1 四半期に発生した大型台風等の水害で影響を受けた分を第 2 四半期で取り戻しつつあったが、新型コロナウイルス禍の影響が 3 月より出始め、想定ほどの売上高水準には届かなかった模様である。新型コロナウイルス禍の影響は特に商環境向け建築サービスで大きく受けたようである。

◆ 20 年 9 月期業績予想
・20/9 期業績について、同社は、期初の段階では前期比 6.4%増収、同12.7%営業増益を計画していたが、新型コロナウイルス禍の影響が合理的に見積もれないとして第2 四半期決算公表時点で「未定」に修正した。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/9 期の業績予想を売上高12,028百万円(前期比8.6%減)、営業利益139百万円(同70.1%減)へ下方修正した。新型コロナウイルス禍の影響は各部門に及ぶが、特に商環境向け建築サービスへの影響を大きく見積もった。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、21/9 期は前期比 9.5%増収、22/9 期は同 6.5%増収となり、売上高営業利益率は 22/9 期に 18/9 期の水準に近い 2.9%まで回復すると予想した。
・まずは新型コロナウイルス禍が 20/9 期の業績にどこまで影響を及ぼすかを見極める展開となろう。同社は回復まで 2 年程度の時間がかかることを前提に、設計概念の変化への対応や施工体制の維持等の手を打ち始めており、当面はそうした施策の進捗を確認していく局面となろう。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store