MENU

7061 東証マザーズ(サービス業)

日本ホスピスホールディングス

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

終末期のがん患者と難病患者に特化して在宅ホスピスのサービスを提供

日本ホスピスホールディングス(以下、同社)は、死を迎えつつある段階(終末期)での「看取り」に対応するターミナルケアを、在宅ホスピスという形で、末期がん患者と難病患者に特化して提供している。

在宅ホスピスは、生活の場である自宅で最期を迎えられるようにするもので、ホスピス住宅の提供と、在宅ホスピスサービスの提供という2つの形式で行われる。

ホスピス住宅は、自宅の快適さ(生活の質の維持・向上)と病院の安心感(医療従事者による24時間体制の症状のコントロール)の両方が実現可能な施設と定義される。

同社は株式移転により、17年1月にナースコールの完全親会社として設立された。同社グループは、同社と、ナースコール、カイロス・アンド・カンパニーの2社の子会社で構成されている。

同社設立時点でのホスピス住宅は4棟86室だったが、年4棟増のペースで拡大を続け、18/12期末時点で12棟323室となっている。

(2019年4月2日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store