MENU

6227 東証二部(機械)

AIメカテック

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

液晶ディスプレイや半導体パッケージ、次世代ディスプレイメーカー向けの製造装置の開発・製造・販売・アフターサービスを展開

AIメカテック(以下、同社)グループは、液晶ディスプレイ(LCD)製造装置等の「LCD事業」、半導体パッケージの実装に用いられるはんだボールマウンタ装置等の「半導体関連事業」、産業用のインクジェット・プリンタ(IJP)製造装置などの「IJPソリューション事業」の3事業において、各種装置の開発・製造・販売及びアフターサービスを行っている。

21/6期第3四半期累計期間における売上構成比は、LCD事業68.0%、半導体関連事業14.1%、IJPソリューション事業17.9%である。

同社は、90年に茨城県龍ケ崎市において操業を開始した日立テクノエンジニアリングの竜ヶ崎工場を母体としている。

日立テクノエンジニアリングは13年に日立製作所(6501東証一部)に吸収合併された.日立製作所は、液晶パネル等製造装置の事業をノンコアビジネスと判断し分社化を決定、16年7月に新設分割によって同社を設立し、液晶パネル等製造設備事業を承継させるとともに、同社の株式の大半をポラリス・キャピタル・グループ(東京都千代田区)が新たに設立した会社に譲渡した。

同社グループは同社と連結子会社である中国の南京新創機電科技有限公司の2社からなる。

同社の拠点は、茨城県の龍ケ崎市に本社および工場、同じく守谷市にサテライト工場、台湾の台北支店が存在する。

工場およびサテライト工場にて、3事業の製品が製造されている。台北支店は04年に台湾事務所として設立され、主に、台湾に存在する半導体工場やLCD工場への営業やアフターサービを担っている。

南京新創機電科技有限公司は、主にLCD事業において、中国全土の顧客に対して設備の納入・据付・アフターサービス行っている。

LCD事業は、テレビやスマートフォン等のLCDパネル生産工程で使われるシール塗布装置、液晶滴下装置、真空貼合せ装置等の開発・製造・販売及びアフターサービスを行っている。

シール塗布装置は、細線塗布技術を応用し、対象となる基板上にシール剤(接着剤)を高速・高精度に塗布する装置である。液晶滴下装置は、微量IJP塗布技術を応用し、液晶剤をパネルに高精度に塗布する装置である。

真空貼合せ装置は、高精度貼合せ技術を応用し、真空中で2枚のガラス基板の間に液晶を封じ込めるための装置である。

(2021年8月3日時点)

この企業の関連キーワード

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store