証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ブロードバンドセキュリティ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ブロードバンドセキュリティ

4398

アナリストレポート

アップデートレポート

ベーシックレポート

新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 ITセキュリティに特化した独立系サービスプロバイダー 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

ブロードバンドセキュリティ(以下、同社)は、企業における情報漏洩の予防や防止、セキュリティ機器の24時間365日体制での遠隔監視、未知のマルウェア注1検知によるネットワーク遮断等により、情報漏洩リスクから企業を守ることを目的としたITセキュリティサービスを主要な事業としている。

サービス区分は、「セキュリティ監査・コンサルティングサービス」、「脆弱性診断サービス」、「情報漏洩IT対策サービス」の3つに分類される。また、営業形態は「直販」と「代理店経由」の2つに分かれており、顧客は大企業を中心とする民間企業や官公庁等となっている。

「情報漏洩ITサービス」は売上高の50.3%を占め、同社のサーバ群や独自開発のソフトウェア等を使用し、企業の情報漏洩対策(予防、監視、発見、遮断等)のための多彩なサービスを提供している。

具体的なサービスとしては、
①セキュリティ機器マネージドサービス
②セキュアメールサービス
③マルウェア検知サービス
④標的型メール攻撃訓練サービス(開封率調査)
⑤ウイルス感染チェックサービス
⑥SIEM構築及び運用支援サービス
⑦フォレンジックサービス(緊急駆けつけサービス)
⑧インターネット分離クラウドサービス
の8つがある。なお、④、⑤、⑦以外のサービスは、24時間365日体制で提供される継続課金型のビジネスである。

(2019年10月18日時点)

沿革(レポートより抜粋)

00年11月、国内ブロードバンド網の相互接続インフラ提供を目的に、同社(形式上の存続会社:ブロードバンド・エクスチェンジ)は資本金1億円で設立された。

出資構成は、インターネット総合研究所(事実上の存続会社であるインターネットシーアンドオーの関連会社)が50.0%、日本電気(6701東証一部)が35.0%、パナソニック(6752東証一部、当時は松下電器産業)が15.0%であった。

04年10月にブロードバンド・エクスチェンジとIRIコミュニケーションズ(旧インターネットシーアンドオー)が合併した。この合併によりネットワーク監視事業を追加、IRIコミュニケーションズに社名変更した。また、同年同月に大阪支店を設立した。

05年8月、同社初のセキュリティサービスとしてISP向け「セキュアメールASPサービス (Anti-Abuse Mail Service: AAMS)」の提供を開始、06年5月にブロードバンドセキュリティに社名変更した。

09年、同社はサービスを再整理し、セキュリティサービス事業への特化を推進した。

具体的には、09年1月にデイリー脆弱性診断サービスを提供開始する一方で、2月にはセキュリティ事業に特化するため、BEXサービス(大規模な通信回線サービス)を事業譲渡した。4月にはセキュリティオペレーションセンターサービスとクレジットカードセキュリティ基準の「PCI DSS準拠支援サービス」の提供を開始した。

12年3月、同社は国内企業の海外支援を目的に韓国営業所(現韓国支店)を設立した。また、業容拡大に伴い12年4月に大阪支店を移転、16年4月には名古屋支店を、17年12月には天王州オフィス(東京都品川区)を開設した。

18年9月、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場、現在に至っている。

(2019年10月18日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。