MENU

9554 東証グロース(サービス業)

AViC

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2022.07.05)

PDFを開く

AViC(9554 TSE Growth)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

Mainly engaged in internet advertising business providing advertising operation agency services

Offers Internet Advertising and Other Services
AViC provides internet advertising and SEO consulting services. Internet advertising services accounted for 74.8% of sales in fiscal year ended September 2021, and SEO consulting services for 25.2%.

Internet Advertising Services
The company's internet advertising services include search-linked, display, and in-feed advertising. AViC purchases advertising space from media operating companies, consults with clients, and then sells the space, earning media and consulting fees in return. In some cases, the company only provides consulting services and the client company itself purchases the advertising space, in which case AViC receives only a consulting fee.

SEO Consulting Services
The company earns consulting and article content production fees by providing SEO measures to solve issues faced by client companies. Measures include the selection of keywords to improve search rankings, planning and execution of strategies based on competitive analysis, optimization of the target site's structure, and simulation of results.

Client Companies From Wide Range of Industries
In both the internet advertising and SEO consulting businesses, the company provides services directly to clients and via major advertising agencies, with the former accounting for about 70% of the total. AViC's main targets are small and medium-sized clients with more limited advertising budgets than those targeted by large advertising agencies. Its clients come from a broad range of industries, such as businesses related to human resources, food, and used car sales, jewelry and finance.

概要(レポートから抜粋)

AViC(以下、同社)は、「マーケティングで人・企業・社会をより良くする」をミッションとし、クライアント企業の効率的なマーケティング活動を実現するためのデジタルマーケティングサービスを提供している。

同社は、インターネット広告サービス、SEOコンサルティングサービスを提供しており、21/9期の売上構成比は、インターネット広告サービスが74.8%、SEOコンサルティングサービスが25.2%となっている。

同社の前身は13年7月にBuySell Technologies(7685東証グロース)代表取締役社長である岩田匡平氏の配偶者が設立した風外堂で、14年4月に岩田氏が風外堂の株式を取得してマーケティングコンサルティング業を事業内容とするOWLに社名変更した。

18年3月に岩田氏の知人で起業を志していた市原創吾氏を割当先とする第三者割当増資を行い、市原氏が筆頭株主となり現社名に変更して事業内容をデジタルマーケティング事業とした。同時に岩田氏は退任して市原氏が代表取締役社長に就任している。22年5月時点の市原氏の実質所有割合は48.3%、岩田氏は30.5%である。

同社がインターネット広告サービスとして提供するのは、検索連動型広告(リスティング広告)、ディスプレイ広告、インフィード広告などの運用型広告である。

同社は、メディア運営会社から広告枠を仕入れ、クライアント(広告主)にコンサルティングを行ったうえで広告枠を販売し、対価として媒体費とコンサルティングに係る手数料を得ている。また、同社はコンサルティングのみを行い、クライアント企業自身が広告枠を仕入れる場合もあり、その際にはコンサルティングに係る手数料のみが発生する。

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store