• Facebook
  • Twitter

MENU

7043 東証グロース(サービス業)

レポート一覧はこちら

アルー

アップデートレポート

(公開日 2020.06.26)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

◆ 会社概要
・アルー(以下、同社)は、大手企業を中心に、顧客の課題に応じてカスタマイズしたビジネススキル研修や語学研修等の研修サービスを提供している。法人向けのオンライン英会話サービスも行っている。

◆ 19 年 12 月期決算
・19/12 期決算は、売上高 2,509 百万円(前期比 8.9%増)、営業利益 165百万円(同 9.8%減)となった。期初の会社計画に対する達成率は売上高が 102.4%、営業利益が 82.9%であった。主力の教室型研修が全体の増収を牽引したが、原価に含まれる固定費負担の上昇で売上総利益率が低下し、売上高営業利益率は 6.6%と前期比 1.4%ポイント悪化した。

◆ 20 年 12 月期業績予想
・20/12 期業績について、同社は、期初の段階では前期比 5.6%増収、同12.6%営業減益と計画していたが、新型コロナウイルス禍の影響が合理的に見積もれないとして、第 1 四半期決算公表時点で、売上高を同32.3%減~20.3%減、利益を「未定」に修正した。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/12 期の業績予想を、売上高 1,820 百万円(前期比 27.5%減)、営業損失 342 百万円(前期は165 百万円の利益)へと修正した。新型コロナウイルス禍による影響を織り込み、費用削減等を行ったとしても赤字の可能性が高いと予想する。

◆ 今後の注目点
・当センターでは、新型コロナウイルス禍の影響が一巡することを前提に、21/12 期 42.1%増収、22/12 期 12.0%増収を見込み、営業利益については 21/12 期の黒字回復、22/12 期の 54.4%増益を予想した。
・短期的には新型コロナウイルス禍による業績への影響を見極める展開となるが、教室型研修のオンライン化等、中期的には需要拡大につながる要素もあり、21/12 期に向けて、変化の進捗や需要動向にも注目したい。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

セルム

7367 東証スタンダード

コーチ・エィ

9339 東証スタンダード

早稲田学習研究会

5869 東証スタンダード

学びエイド

184A 東証グロース

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store