MENU

4125 東証スタンダード(化学)

三和油化工業

新規上場会社紹介レポート

(公開日 2021.12.28)

PDFを開く

SANWAYUKA INDUSTRY(4125 TSE Standard)

English Summary (PDF)

+English Summary on This Page

In addition to manufacturing chemicals, the company performs industrial waste recycling

Industrial Waste Recycling Firm Also Serving as a Manufacturer
SANWAYUKA INDUSTRY is an industrial waste recycling company based in Aichi Prefecture. Originally a manufacturer of oils and chemicals for automobile-related companies, SANWAYUKA INDUSTRY launched its recycling operations in the 1990s beginning with organic solvents. Since then, the company has evolved into a recycling company that serves the entire manufacturing industry. As a result, the company handles many high-value-added recycled products. Moreover, as its roots are in manufacturing, the company remains active in business as a manufacturer.

In the 2010s, SANWAYUKA INDUSTRY established recycling facilities in eastern and western Japan as many of its customers have manufacturing bases across the country. Unlike most companies in the recycling industry, which are community-based, SANWAYUKA INDUSTRY is expanding nationwide.

Although the company is engaged in a single segment of the environment-related business, it classifies its net sales into five business categories, which are reuse, recycling, chemical, automotive, and poly-chlorinated biphenyl (PCB). The company also divides net sales into two categories, “disposal cost sales,” which are the proceeds of services such as waste processing, and “general sales,” for the sale of recycled and other products. The recycling business category accounts for about 30% of sales, the reuse, chemical, and automotive business categories about 20% each, and the PCB business category for about 10%. In terms of the type of service or product provided, more than 60% was accounted for by general sales, and less than 40% by disposal cost sales.

概要(レポートから抜粋)

三和油化工業(以下、同社)は、愛知県を基盤とした産業廃棄物リサイクル企業である。元々は自動車関連企業向けの油剤や化学品のメーカーだったが、90年代に有機溶剤のリサイクルを手掛けるようになって以降、製造業全般を対象としたリサイクル企業として成長してきた。

そのため、高付加価値な再生製品の取り扱いが多い。また、出自がメーカーということから、現在でもメーカーとして展開する事業を有している。

顧客の多くが生産拠点を全国にもつ製造業であることから、10年代には東日本や西日本にリサイクル拠点を設けている。地域密着型の事業者が多いリサイクル業界においては珍しく、全国展開を進めている。

同社は、環境関連事業の単一セグメントだが、リユース事業、リサイクル事業、化学品事業、自動車事業、PCB注事業の5つの事業に売上高を区分している。また、廃棄物処理の対価として受け取る「処分費売上」と、製商品の販売で得られる「一般売上」の2つに区分する仕方もある。

事業別の売上構成は、リサイクル事業が約3割、リユース事業、化学品事業、自動車事業が各約2割、PCB事業が約1割である。提供する役務や製商品の違いによる区分では、処分費売上が4割弱、一般売上が6割強となっている。

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store