MENU

3691 東証マザーズ(情報・通信)

リアルワールド

ベーシックレポート

(公開日 2016.06.03)

PDFを開く

概要(レポートから抜粋)

1.会社概要
・リアルワールド(以下、同社)は、ポイントを活用したクラウド事業及びポイントエクスチェンジ事業を手掛けている。
・主力のクラウド事業は、同社が運営するサイトに登録する会員が、同社サービスにおいて行ったアクションにより同社グループが収益を獲得し、その一部を会員に還元する事業モデルで、クラウドメディアサービスとクラウドソーシングサービスの 2 つで構成される。
2.財務面の分析
・登録会員数の増加とともに売上高は伸びている。同社は設立以来 7 期連続で増収を維持しており、15/9 期の売上高は前期比 34.2%増の3,711 百万円となった。16/9 期第 2 四半期累計期間(以下、上期)の売上高は前年同期比 39.8%増の 2,243 百万円であった。
・財務指標を見ると、収益性、成長性の各数値において、他社を大きく上回る項目はないものの、売上高、経常利益、総資産の 3 年平均成長率はいずれも二桁の水準となっている。
3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、ポイントを活用した特徴のある事業モデルを構築し、運営していることにある。その結果として、会員数が順調に増加し、業績拡大につながっている。
4.経営戦略の分析
・同社では、クラウドメディアサービスとクラウドソーシングサービスの一層の融合を図り、中期的な成長を図ることを戦略として掲げている。
・現在は、サービス・ブランド統合による運営効率化などに取り組んでおり、「ライフマイル」の統合は完了している。
5.アナリストの評価
・現在の約 952 万人の総会員数は拡大の余地があると考えられる。会員の拡大は、同社の既存ビジネスを伸ばすうえで重要な要素となる。
・クラウドソーシング事業の中期的な拡大余地は大きく、今後の業績の牽引役になると証券リサーチセンターでは考えている。

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store