MENU

7803 東証マザーズ(その他製品)

ブシロード

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

メディアミックスによるIPビジネスを展開

ブシロード(以下、同社)は、良質なIntellectual Property(知的財産、以下IP)を開発・取得・発展させるIPデベロッパーとして、「新世代のエンターテイメントを創出する」ことをミッションとし事業を展開している。

18/7期の売上高構成比は、エンターテイメント事業が82.6%、スポーツ事業が17.4%となっている。

エンターテイメント事業は、トレーディングカードゲーム部門、モバイルオンラインゲーム部門、音楽部門(音楽ソフト販売や声優のマネジメント等)、MD部門(自社・他社のIPに関連するグッズの企画・販売等)及びメディア部門(関連書籍の出版や広告代理店業務)の5部門からなっている。

スポーツ事業は、12年1月に連結子会社化した新日本プロレスと、16年8月に設立した連結子会社のキックスロードの2社において、興業部門、MD部門(グッズの企画・販売等)、コンテンツ部門(映像コンテンツの企画・制作。配信等)を展開している。

創業当時からの事業であるトレーディングカードゲーム部門の18/7期の売上高は10,172百万円、全体に占める割合は35.2%となっている。

同社のモバイルオンラインゲーム部門の18/7期の売上高は7,393百万円、全体に占める割合は25.6%となっている。

同社は12年1月に新日本プロレスを連結子会社としている。新日本プロレスの18/7期の売上高は4,890百万円、全体に占める割合は16.9%となっている。新日本プロレスの売上高の内訳は興業収入が50%程度、映像配信等のコンテンツ収入が20%程度、MDが30%程度となっている。

(2019年8月2日時点)

この企業の関連キーワード

キーワードに関連する企業

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store