MENU

7689 東証マザーズ(卸売業)

コパ・コーポレーション

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

TV通販、インターネット通販などで生活用品を中心に実演販売を行う実演販売士を活かしたマーケティング戦略が特徴

コパ・コーポレーション(以下、同社)は、現社長である吉村泰助氏により1998年10月に設立され、99年11月に生活用品の販売を開始した。

吉村氏は、國學院大学在学中に実演販売のアルバイトを経験し、卒業後は車両用の内装材やエチケットブラシなどの製造・販売を行う日本シール(大阪府大阪市)の専属販売士として全国の百貨店で実演販売を行った。

実演販売とは、実演販売士が消費者の目の前で実際に商品を使い、使用方法や特徴、効果や利点などを巧みな口上でアピールし、購入を促す販売手法である。

03年5月にインターネット通販を、同年11月にTV通販での実演販売を開始した。10年5月にインターネット通販番組「ワォ!の王様」を開始し、同年12月にユーザーがリアルタイムで参加できる動画配信システム「ワォLive」を開始した(「ワォ!の王様」、「ワォLive」は終了し、現在は運営していない)。

18年4月に自社直営店舗「デモカウ」を東京ソラマチに出店し、同年5月に自社ECサイト「デモカウ」の運営を開始した。

同社には連結子会社はなく、実演販売関連事業の単一セグメントであるが、売上高は販売チャネルに応じて、TV通販、ベンダー(小売業者)販売、インターネット通販、セールスプロモーション、デモカウ、その他に区分されている。

売上高の10%を超える販売先は、19/3期がジュピターショップチャンネル13.6%、朝日放送グループホールディングス(9405東証一部)子会社のロッピングライフ12.4%、楽天(4755東証一部)11.1%、アマゾンジャパン10.0%。

20/3期は19/3期の大手取引先との取引はあるものの、10%を超えるのはロッピングライフ15.5%のみである。大手取引先はいずれも商品の卸売先である。

(2020年6月26日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store