MENU

4691 東証二部(サービス業)

ワシントンホテル

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

「ワシントンホテルプラザ」と「R&Bホテル」のホテルチェーンを展開

ワシントンホテル(以下、同社)は、1964年に中部財界の出資で開業した都市型ホテルの「名古屋国際ホテル」から出発した企業である。

現在は、「名古屋国際ホテル」のほか、ビジネスホテルチェーンの「ワシントンホテルプラザ」、宿泊特化型ホテルの「R&Bホテル」を展開している。

同社の事業は、ホテル事業の単一セグメントだが、ワシントンホテルプラザ事業、R&Bホテル事業、名古屋国際ホテル事業の3事業部門に分類されている。売上高ではワシントンホテルホテルプラザ事業が過半を占めているが、利益ではR&Bホテル事業が過半を占めている。

ワシントンホテルプラザは、1969年に1号店開業というビジネスホテルの草分けである。1府14県の主要駅または繁華街に近い立地に18店を有している。

シングル、ツイン、ダブルといった各種タイプの部屋を有するほか、出店時の状況により、店舗ごとに飲食店や宴会場等の付帯施設が異なる。19/3期のADRは6,570円、RevPARは4,767円、稼働率は72.6%である。

R&Bホテルは、首都圏を中心に展開する宿泊特化型ホテルである。1都1道2府8県に23店を有している。「R&Bホテル八王子」を除けば、すべてのホテルがシングルルームで構成されている。

飲食店や宴会場といった付帯設備はない。またチェックイン工程の細分化等により、少人数オペレーションを可能にすることで、リーズナブルな価格での提供を実現している。19/3期のADRは6,013円、RevPARは5,093円、稼働率は84.7%である。

(2019年10月25日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store