MENU

4055 東証マザーズ(情報・通信)

ティアンドエス

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

大手企業グループにシステム開発や関連サービスを提供する情報サービス会社

ティアンドエス(以下、同社)は、16年11月、横浜市に所在していたテックジャパン(96年設立)とシナノシステムエンジニアリング(85年設立)の新設合併により誕生した。同社の代表取締役執行役員社長であり、筆頭株主でもある武川義浩氏は、テックジャパンの代表取締役社長を務めていた。

同社は、大手企業グループをターゲットとしてシステム開発や運用保守サービスを請負、または派遣形態で提供しており、実績と経験をベースとした持続的な成長を目指して経営を行っている。

同社は、様々なサービスを提供しているが、事業領域を「ソリューションカテゴリー」、「半導体カテゴリー」、「先端技術ソリューションカテゴリー」の3つのカテゴリーに区分している。

19/11期におけるカテゴリー別の売上高構成比は、ソリューションカテゴリーが82.0%、半導体カテゴリーが13.2%、先端技術ソリューションカテゴリーが4.8%となっている。

ソリューションカテゴリーは、特定の産業領域に特化せず、様々な業種のユーザー企業をターゲットとして、請負(開発・運用保守)と派遣の形態でサービスを提供している。同カテゴリーにおける請負と派遣の売上高構成比は、概ね3:1となっている。

システム開発においては、コンサルティングから、システムの要件定義、設計、コーディング、テスト・検証まで全てのバリューチェーンに対応する人材を用意している。更に、システム開発後の運用や保守の作業に従事できる体制を整備しており、ワンストップ体制を構築している。 同カテゴリーの主要顧客としては、キオクシア(旧東芝メモリ)グループや、東芝アイエス・コンサルティング等の東芝(6502東証二部)グループ、日立ハイシステム21等の日立製作所(6501東証一部)グループ等、製造業の大手企業グループが挙げられる。

(2020年8月14日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store