MENU

3494 東証JASDAQ(不動産業)

マリオン

企業情報

事業内容(レポートから抜粋)

不動産特定共同事業法に基づき不動産賃貸料を原資とする証券化商品を組成

マリオン(以下、同社)は、不動産特定共同事業法注1(以下、不特法)に基づき不動産賃貸、賃貸料を原資としたクラウドファンディング型不動産証券化商品の提供及びそれらに付随する不動産売買等からなる不動産賃貸関連サービスを展開している。

17/9期の事業別売上高は不動産賃貸サービス事業が37.2%、不動産証券化サービスが20.8%、不動産売買事業が41.8%、その他が0.2%となっている。

不動産賃貸サービス事業は、所有物件を同社自らが賃貸人として賃借人に提供する長期保有物件賃貸サービス、第三者所有の不動産を同社が一括して借り上げこれを最終賃借人に転貸するサブリースサービス、及び第三者所有の賃貸不動産に管理サービスを提供する受託物件サービスの3種類から成る。

同社の長期保有物件賃貸サービスは、首都圏を中心に、札幌、盛岡、名古屋、京都、岡山、倉敷、福岡等の主要都市において、居住者向け、中でも単身者向けの賃貸不動産を中心に所有・運営している。

17/9期末の同社の長期保有物件(同社所有物件のうち以下記載の不動産証券化サービス対象物件を除いたもの)は512戸、17/9期の物件売却を除く売上高に占める比率は50.4%である。また、物件種別内訳は、住居407戸(長期保有物件の79.5%)、店舗・事務所28戸(同5.5%)、駐車場77台(同15.0%)である。

不動産証券化サービス事業は、不特法に基づく許可を取得し、マリオンボンドの名称のもと、不動産賃貸料を原資とする証券化商品を組成し投資家に提供、または、サラリーマンボンドの名称のもと、インターネットでの申込が可能なクラウドファンディング型不動産証券化商品を提供している。

同社が提供している不動産証券化商品は、同社保有又は新規仕入れ賃貸不動産を原資産に、投資家との間で不動産特定共同事業契約(匿名組合型)を締結することにより不動産賃貸業務を同社と投資家の共同事業とし、営業者としての同社が不動産の所有にかかるリスク、及び賃貸業務運営の責任を負担した上で、投資家と賃料をシェアすることにより賃料収入を投資リターンとして分配している。

(2018年9月18日時点)

検索

アプリ

iPhone/Android/iPad版無料アプリ
「アナリストレポートライブラリ」

無料アプリでアナリストレポート情報を素早く取得

  • Google play
  • App Store