証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > 早稲田アカデミー

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

早稲田アカデミー

4718

アナリストレポート

基本情報

特色 集団指導塾を直営展開 市場名 東証一部

事業内容(レポートより抜粋)

早稲田アカデミー(以下、同社)グループは、同社と子会社である野田学園の 2 社で構成されており、教育関連事業(13/3 期売上高構成比99.7%)及び不動産賃貸(同 0.3%)を事業としている。教育関連事業は、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)にて、直営方式で小学生及び中学生を主対象とし、集団指導学習塾「早稲田アカデミー」ブランドを核に複数のブランドで学習塾を運営している。明光ネットワークジャパン(4668 東証一部)と業務及び資本提携し、個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」も展開している。野田学園では医歯薬系大学受験者を対象とした教育事業を展開している。13/3 期の期中平均塾生数は 29 千人であった。
多様なニーズに対応するため、複数ブランドで塾を展開し、高校生、予備校生、社会人も顧客対象としている。近年、学習塾や私立学校の幹部職員や幹部候補職員、社会人を対象とする教育研修や、自社開発した教育コンテンツ等の外部販売、小学生向け英語教室(IBS)、中学・高校への出張授業等も行い、顧客層の拡大にも積極的である。

(2014年1月17日時点)

沿革(レポートより抜粋)

1975 年に創業者である須野田誠氏が、早稲田大学在学中に友人とともに個人で東京都にて小中学生を対象とする学習指導サークルを開始。79 年、株式会社建てをするにあたり学習塾を大鵬機械(同社の前身で当時は休眠会社)に営業譲渡し、株式会社に改組。法人化を機に本格的に学習塾を展開。85 年には社名を「早稲田大学院生塾」から「早稲田アカデミー」に変更。97 年、四谷大塚の提携塾となり、現在でも四谷大塚の最大提携校。99 年 WAC (「ワック」難関中学受験専門塾)を開校。
2001 年、個別指導分野にも進出し、02 年に新ブランド ExiV (「エクシブ」難関中高受験専門塾)を、05 年には、W-ExPerT (「ダブルエキスパート」社会人対象の研修リーダー育成合宿)を開始。07 年に医歯薬専門予備校「野田クルゼ」の運営会社である株式会社野田学園を買収、連結子会社とする。08 年に創業者が他界したことに伴い、瀧本司氏が代表取締役社長に就任。10 年には、個別指導大手の明光ネットワークジャパン(東証一部・4668)と業務・資本提携。両社で「早稲田アカデミー個別進学館」の新規立ち上げを発表した。

(2014年1月17日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。